« インフルエンザの予防接種 | トップページ | ぐんまちゃんのきょうだいアマビエ »

2020年10月 8日 (木)

山茶花元気

 しばらく前から山茶花が咲き出しました。
 毎日、1輪、2輪くらいでしたが、今日は5輪ほど咲いていましたので、雨の中、撮影しました。
Sazanka20201008a
 上の花にピントを合わせたら、下の花はボケました。雨で暗かったせいか、被写界深度、浅いです。

 つぼみもたくさんついています。
Sazanka20201008b
 今後、次々と咲いて行くことでしょう。これから楽しみです。

 山茶花は、古くは文字通り「さんざか」(あるいは「さんさか」)と呼ばれていたのが、後に音が転倒して「さざんか」に変わったと言われます。
 日国を見ると、「さんざか(さんさか)」の用例は、
 *尺素往来〔1439~64〕「李花(すもも)。山茶(さんサ)花。海棠花等」
 *日葡辞書〔1603~04〕「Sanzaqua (サンザクヮ)。ツバキノ ハナ」
 *俳諧・毛吹草〔1638〕二「十月〈略〉山茶花(サンザくゎ)」
 *書言字考節用集〔1717〕六「山茶花 サンザク サザンク
などが挙がっていました。

 「さざんか」は、
 *俳諧・冬の日〔1685〕「水干を秀句の聖わかやかに〈野水〉 山茶花匂ふ笠のこがらし〈羽笠〉」
 *大和本草〔1709〕一二「茶梅(サザンク) 山茶(つばき)の類にて、葉も花も小なり。白あり。香よし」
 *書言字考節用集〔1717〕六「山茶花 サンザク サザンク
などです。

 なるほど、よく納得できます。書言字考節用集には両形挙がっていますが、大勢としては、おおよそ17世紀半ばあたりで交替したのでしょうかね。

 また、「つばき」は上代から例がありますけど、「さんざか」は最古の例が15世紀の尺素往来ですね。
 その前はどうだったのでしょう。椿と同じものと考えて、区別しなかったのかも。

« インフルエンザの予防接種 | トップページ | ぐんまちゃんのきょうだいアマビエ »

文字・言語」カテゴリの記事

植物」カテゴリの記事

コメント

白いサザンカの花きれいに撮れましたね。
それにしても早い時期から咲くのですね。
11月か12月と思っていましたが・・・。

我が家のサザンカは赤(ピンクです。)
源さんの写真を見て,白もきれいだなと思いました。

萩さん

 コメントをありがとうございます。
 本当にずいぶん早いですよね。長期間咲いてくれたら嬉しいです。

 ピンクのサザンカも綺麗でしょうね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« インフルエンザの予防接種 | トップページ | ぐんまちゃんのきょうだいアマビエ »

2020年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

ウェブページ