« 2020年9月 | トップページ | 2020年11月 »

2020年10月

2020年10月31日 (土)

雑誌がいっぱい

 今日もまた渋川の家からスマホによる更新です。

 明日は第1日曜日。月に1度の資源ゴミの日です。生ものではないので、前日の夕方から出せます。

 昨日の可燃ゴミといい、今回は良い日程でした。

 ヤマのようにある雑誌や古書店の目録などを少し出せました。コンビニに行くついでに出して、コンビニから帰宅後に1往復、都合2往復です。以前ならば、自転車の前籠と荷台とに満載して、3往復か4往復したことでしょうが、今はもうこれが精一杯。歳をとりました。

 週刊百科が夥しくあります。今でも刊行されているようですけど、一時大ブームでしたよね。歴史とか神社とか寺とか城とか合戦とか道とか鉄道とか、とか、そういう興味深いテーマが次々に刊行されるんですもの。次々に買っていました。そして、買い始めたものは、1号も漏らさずに。律儀でした。

 折角の完揃えながら、いる号だけ残して、あとは処分してしまいます。その処分は、資源ゴミというのは切ないので、古書店で引き取ってもらえないものかと考えています。

2020年10月30日 (金)

ゴミ出し7袋

 引き続き渋川の家から、スマホによる投稿です。

 今日はゴミの日なので、早起きをして、ゴミ出しをしました。早起きとはいっても、世間的にはちっとも早くないのですが。(^_^;

 3往復して7袋出しました。まだ8袋ほどありますが、疲れたので、あとはまた今度。

 といっても、今度のゴミの日には、また袋が増えていることでしょう。

 一度に何袋まで出せるか、制限があるかもしれないと思って、渋川市のホームページを見てみましたが、無制限のようです。

 資源ゴミもまとめています。

 昔のパソコン雑誌がたくさんあります。昔は熱心にパソコンの勉強をし、パソコンや周辺機器を買うための勉強もしていたのですねぇ。

 勉強しなくなったのは平成10年代の半ば頃かと思います。その頃で私のパソコン知識は止まったまま。

 遠隔授業のためのスキルが足りない。

2020年10月29日 (木)

超絶遅い

 昨日は、新町公民館の講座のあと、渋川の家に行きました。家の片付けのためです。頑張らねば。

 こちらでは、ネットはポケットWi-Fiを使っています。

 そこそこの速さで使えていたのですが、前回の後半から、通信速度が異様に遅くなってしまいました。

 通信量が上限に近づいてしまったのが原因と思います。

 昨日の講座の記事、よくアップできたものです。

 スマホを使ってブログを書いたことはなく、やり方もよくわからなかったのですが、何とかできるようになりました。

 この記事はスマホからです。

 ポケットWi-Fiの接続量のリセットは月末ですので、明日も明後日も同様でしょう。

 ネットなんぞやっていないで、片付けに励め、ということかもしれません。

 励みます。

2020年10月28日 (水)

新町で連続講座(2020年 第5回)

 きょうは、高崎市新町公民館で講座でした。
 隔週5回の連続講座「万葉集をよむ~関東・信州の歌を中心に~」の第5回目で、「上総国・相模国・武蔵国・信濃国の歌」です。レジュメはこちら。

 5回のうち2回半を上野国に費やしてしまいましたので、全部はとても終わらないだろうと思っていましたが、無事に最後まで行きました。♪

 やはり、途中で病気になったりしないか、電車が止まったりしないか、という不安は常にあります。
 最終回が終わってほっとしています。

 担当の方には大変にお世話になりました。
 おかげさまで無事に終了することができました。

 今日は、最終回ということもあって、ぐんまちゃんグッズをたくさん頂きました。
Gunmac_sakehoka

 他にクリアファイルや靴下も頂きました。

 お心遣い頂き、恐縮です。
 御礼申し上げます。

2020年10月27日 (火)

おうふうの古事記・萬葉集を自炊

 リモートによる後期授業、3コマ順調に進行中です。さきほど、15回のうち4回目が終わりました。
 古事記では、受講生は皆指定のテキストを持っていますが、画面上でテキストを共有する方が、マウスカーソルを説明に使えて便利な点もあります。
 そこで、おうふうの『古事記 修訂版』を解体して自炊してしまいました。
 本は、今まで教師用に献本として頂いたものがありますので、それを犠牲にしました。
 ついでに、同じくおうふうの『萬葉集』も自炊。
Jisui_ofu
 無残な姿になってしまいました。
 本をばらすのにはやはり抵抗がありましたが、抵抗には目をつぶりました。

 PDF化は、スキャンスナップを使って、簡単に済みました。
 自動的に表裏とも読み取ってくれる、便利な機械です。

 この両者のPDFをノートパソコンに入れておけば、旅先でも古事記と萬葉集を読むことができます。

 有効活用できればと思います。

2020年10月26日 (月)

前橋・高崎の地図展補足

 群馬県庁で開催中の前橋・高崎の地図展を金曜日に見に行ったことを、土曜日のブログに書きました。
Maetakachizu09
 会場で頂いた資料をもとに、少し補足します。

 主催は地図展推進協議会でした。共催・後援・協賛は以下の通りです。
Maetakachizu10
 地図展推進協議会というのがあるのですね。
 こういった地図展を各地で開催しているようです。

 主な展示物は以下の通りです。
Maetakachizu11

 会場の入口で、チラシとパンフレットをもらいました。
 パンフレットは以下の2点です。
Maetakachizu12
Maetakachizu13
 それぞれ、前橋地区と高崎地区です。

 表側には、明治18年の陸軍参謀本部の地図が印刷してあります。
Maetakachizu14

 裏側は、令和2年に国土地理院が撮影した空中写真です。
Maetakachizu15

 どちらも光が反射してテカってしまいました。(^_^;

2020年10月25日 (日)

群馬県人度チェック

 週末、また渋川の家の片づけをしていました。
 このようなものが出てきました。
Gunma_koho200001a
 2000年1月の『ぐんま広報』です。
 すっかり忘れていましたが、この頃の『ぐんま広報』はA4サイズでした。
 いまのはこのような感じで、B4とA3の中間くらいの大きさです。
Gunma_koho201810

 さて、その2000年1月の『ぐんま広報』にこのような見開きページがありました。
Gunma_koho200001b
 やってみたら、私の群馬県人度は、上から2つ目の「ほとんど群馬県人」でした。30年以上暮らしていましたからねぇ。

 ページの右下にこのようなクイズがありました。
Gunma_koho200001c
 簡単ですね。②に答が書いてあります。
 「ぐんまちゃん」ではなく、「ゆうまちゃん」です。
 群馬県民でも子供は分からないかもしれません。

2020年10月24日 (土)

前橋・高崎の地図展

 昨日、前橋で仕事でしたので、恒例により、群馬県庁を覗いてきました。
 1階の県民ホールで、このような展覧会を開催していました。
Maetakachizu01

 入口のゲート。
Maetakachizu02
 タイトルは、「地図展2020 双子都市 前橋・高崎の150年」ということのようです。

 入ってすぐの床に空中写真がありました。
Maetakachizu03
 靴のまま歩いて良いそうです。

 伊能図の該当箇所も。
Maetakachizu04
 ただ、伊能忠敬は前橋は通っていないので、前橋付近はありません。

 高崎付近。
Maetakachizu05
 中央付近が今の高崎駅です。

 吉田初三郎の鳥瞰図もありました。
 前橋市。
Maetakachizu06

 高崎市。
Maetakachizu07

 最近のデジタル標高地形図もありました。
Maetakachizu08

 他には、新旧の国土地理院の地図や、バス路線図なども。

 地図好きなので楽しかったです。

2020年10月23日 (金)

ぐんまちゃんショップがハロウィーン仕様

 今日は前橋で仕事の日でした。
 高崎での乗り換え時間に駅構内のぐんまちゃんショップを覗いたら、ハロウィーン仕様になっていました。

 入口に陣取っている、ぐんまちゃん。
Gunmac_halloween2020a
 時節柄、ちゃんとマスクをしています。
 周りの囲いが、なんか、ぐんまちゃんを隔離しているようにも見えます。

 窓の所にも、ハロウィーン風のぐんまちゃんがいっぱい。
Gunmac_halloween2020b

 店内にも、こういう飾りがありました。
Gunmac_halloween2020c

 また、こういうポスターも。
Gunmac_halloween2020d
 これは明日ですね。540円の買い物をする度に、缶バッチが1つ貰えるようです。

 渋谷は、ハロウィーンにはたくさんの人が集まって大混乱になるので、今年は来ないでくれということのようですが、ぐんまちゃんショップは、お客さん大歓迎のようです。
 ぐんまちゃんショップだけでなく、ぐんまちゃんショップのあるイーサイト全体がハロウィーンの集客を狙っているようでした。

2020年10月22日 (木)

保護猫カレンダー2021

 このようなカレンダーを買いました。
Hogocal2021a

 製作・販売は、長崎ネコの会.です。
 売上から経費を差し引いた残金は、保護猫の医療費と、不妊化の助成費、活動費及びシェルターの製作・運営費に使うとのことです。
 そういった保護猫活動の一助になれば幸いです。

 表紙の左下には「陽のあたる場所へ」とあります。

 1月はこんな感じです。
Hogocal2021b

 ここにも、右上に「手から手へ つなぐ未来へ」とあります。こうしたキャッチコピーは、月替わりの言葉が毎月載っています。

 カレンダー部分の右下隅にはこうあります。
Hogocal2021c

 この猫の名前なのでしょうね。二つ名の持ち主。
 保護されたときの名前と、飼い主さんに引き取られたあとの名前でしょうかね。

 写真の中には、見るのがつらくなるような姿のねこも載っています。
 ドキッとしましたが、保護猫のことをよく知ってもらいたいとの思いなのでしょう。
 保護猫に関する認識を少し深めることができました。

2020年10月21日 (水)

ウサギぴょんぴょんカレンダー2021

 家でパソコン作業などをしていて、顔を上げると、目の前にうさぎカレンダーが掛かっています。
Usacal2020a
 頂き物です。
 うさぎの姿に癒されます。

 このカレンダーのうしろにこういうページがあります。
Usacal2020d
 うさぎたちが3年後のうさぎ年を楽しみにしています。

 来年のカレンダーはどうなっていましょう。カウントダウンのように、「あと、2年かぁ」となっていましょうか。

 その、来年のカレンダーを頂きました。
Usacal2021a
 表紙のうさぎ、舌を出しています。(^_^)
 かわいいです。♪

 さて、うしろのページはどうなっていましょうか。(^_^)

 こうでした。
Usacal2021b
 NG集?でした。

 その次の年のは、「いよいよ、来年かぁ」となるかもしれませんね。

2020年10月20日 (火)

カモンバとアナカリス

 金魚の水槽のアナカリス、脇芽を折り取って底砂に植え付けましたが、結局全部抜けてしまいました。
 水中を浮遊しています。大きくなったら重しを付けてまた植え付けてみます。

 浮遊しているアナカリスが1つカモンバに引っかかっていました。
Kamoana01
 ちょっと分かりにくいですが、上に2本伸びているのがカモンバで、下の方から右側に伸びているのがアナカリスです。
 カモンバの茎からアナカリスが芽を出したように見えます。このままでも良いです。(^_^)

 カモンバは、新しいのを入れても入れても金魚に食べられてしまっていましたが、なぜか最近は食べなくなりました。
 それで、カモンバも生長しています。

 先端。
Kamoana02

 茎の途中から根が出ました。
Kamoana03

 今まではこういう状態になる前に、金魚に食べられてしまいましたので、発根を見るのは初めてです。

 金魚も水草も元気に日々を送って欲しいです。

2020年10月19日 (月)

聡明そうな幼児

 週末、渋川の家の片づけをしていました。
 前途ほど遠いですが、年内撤収のために頑張ります。

 部屋を整理中にこのような写真が出てきました。
Kazuyoji01
 聡明そうな幼児です。
 私です。(^_^)
 手にカメラを持っているようです。
 この頃から写真好きだった、というより、カメラ、壊しているようにも見えます。

 60年以上昔の写真ですが、その割にはあまり黄ばんでいません。幸いです。
 ネガはなく、唯一の紙焼き写真ですので、見つかって幸いでした。

 渋川の家には、大事なものと不要なものとが渾然一体となっていますので、手間暇掛けて仕分けをしないといけません。
 普段からちゃんと片づけていないといけませんね。
 まとめての片づけは大変。

2020年10月18日 (日)

草津は29位

 昨日の都道府県魅力度、話を小出しにしているわけではなく、これは今日知ったのですが。(^_^;

 あの調査では、都道府県別だけでなく、全国1000自治体を対象とする市区町村別のランキングも出しているとのことです。
 それによれば、草津町は29位だそうです。1000の中で29位というのは立派なものです。
 文化14年の温泉番付でも草津温泉は東の大関です。
Onsen100b
 長く人気を保っていますね。
 前頭3枚目には伊香保温泉も入っています。
 温泉県、群馬。

 ちなみに、西方の大関は有馬温泉です。
Onsen100c
 有馬の湯は日本書紀にも載っていますので、長い歴史がありますね。

 なお、都道府県別では最下位だった栃木県ですが、日光市は1000自治体の中で13位だそうです。
 日光や那須が栃木県だということが十分に浸透していないのかもしれませんね。

2020年10月17日 (土)

都道府県魅力度2020

 「ブランド総合研究所」(東京都港区)が毎年実施している「都道府県魅力度ランキング」、2020年の分が10月14日に発表されました。
 昨年まで11年連続1位の北海道は、今年もトップでした。
 また、7年連続最下位の茨城県は、めでたく最下位を脱出しましたが、代わって最下位になったのは栃木県でした。
 北関東、どうも弱いです。
 下位10位は以下の通りです。
Miryokudo2020b
 群馬県は以前最下位になったこともありましたが、今年の40位というのは過去最高だそうです。
 めでたいことですが、県知事は15日の定例会見で不快感を示した、という記事を昨日見ました。
 知事は調査方法に疑問があるとして「県庁内にチームをつくり、魅力度ランキングの中身を検証して反論したい」と述べたとのことです。

 こういう調査はあまり重く考えなくても、と思います。

 ちなみに、上位10位は以下の通りです。
Miryokudo2020a
 これを見ると、
  自然が魅力的な、北海道、沖縄、長野。
  歴史のある、京都、奈良、石川(ほぼ金沢でしょうね)。
  大都市とその周辺の、東京、神奈川、大阪、福岡。
といったところでしょうか。
 こういった3要素のどれかに当てはまると高順位になります。

 逆に言えば、その他の県にはあまり差がないのではないでしょうか。

 下位10位を見ると、点差は小さいですし、昨年の順位との差も結構あります。
 ちょっとしたことで(例えば回答者)、順位は結構動いているように思います。
 あまり気にしなくても良いような。

 私、実は奈良が7位に入っていることが意外でした。去年も7位なので、今年たまたまではないですね。
 奈良がそんなに魅力的な県として認識されていることを嬉しく思います。♪

2020年10月16日 (金)

GoToトラベルで前橋

 一昨日14日(水)に講演をした「ばらの会」は、朝9時20分までに来て欲しいとのことでした。
 東京発でその時間は厳しいので、前日の13日(火)から前橋市内に前泊したいところです。
 ところが、13日(火)はリモートの授業が3コマあります。
 東京の家で3コマ済ませて群馬に向かうと遅くなりますし、3コマの後での移動はきつかろうと思います。
 「う~ん」と考えて、もう1日早く12日(月)から宿泊することにしました。
 そうすれば、13日(火)はゆっくり起きて、ホテルからリモートの授業ができます。どうやらこれが一番良さそうです。

 などと考えていたのが9月末。
 そんな折に、前橋に泊まる時にはいつも利用するホテルからGoToトラベルの案内メールが来ました。
 ちょうど、東京発着の宿泊も対象になるというタイミングでした。
 いい仕事しますね。(^_^)
 ということで、早速そのホテルに2泊3日の予約をしました。

 宿泊代も安くなっていたと思いますが、その他に、チェックインする時にこういうクーポン券をもらいました。
Gototravel01
 有効期限は2泊3日の宿泊期間限りです。

 さてどう使おうか。
 趣旨としては、コロナ禍でダメージを受けた旅行関係の諸業種への応援ということですよね。
 コンビニでも使えそうですが、コンビニで使ったのでは趣旨が生きません。
 そこで、13日(火)にリモートの授業が終わった後、前橋駅構内の物産店を物色しました。
 講演2つの会場にも持ったまま行くことになりますので、リュックにすんなり収まるくらいの大きさでないと邪魔です。
 で、選んだ品がこれです。
Gototravel02

 裏側。
Gototravel03

 直前に終わったばかりのリモートの上代文学史の授業が「黎明期の上代文学」という内容で、「踊る埴輪」にも触れたところでした。
 踊っていないという説が主流らしい、という話をしましたが、箱にはこうありました。
Gototravel04
 この呼び名が定着していますからねぇ。

 「「踊る埴輪」と呼ばれている馬曳き埴輪」でも良いかもしれない、などとも思っています。(^_^)
 ところが、学生さんからのリアクションペーパー代わりのメールの中に、自分は馬曳きと習っていたので、踊っているという説があることを知ってびっくりした、というのがありました。
 昭和は遠く……です。

2020年10月15日 (木)

新町で連続講座(2020年 第4回)

 昨日、前橋で「ばらの会」の講演をしたことを書きましたが、午後は、高崎市新町公民館で講座でした。ダブルヘッダーです。
 同じ日に2つ入れてしまえば群馬に行く回数が1度ですむと思ったわけではなく、今回はたまたまです。

 新町は、隔週5回の連続講座「万葉集をよむ~関東・信州の歌を中心に~」の第4回目で、「常陸国の歌(2)・下総国の歌」です。レジュメはこちら

 上のレジュメは実際のレジュメそのものではなく、実際に進んだ範囲です。

 上野国の歌に関しては、あちこち撮影した写真があるのですが、上野国以外の関東地方の写真はほとんど撮っていません。
 でも、幸い、下総国については、真間の手児名ゆかりの地に14年前と8年前に行ったことがあり、その折に撮った写真があります。

 手児奈霊堂。
Tegona01

 真間の井。
Tegona02

 14年前に真間に行ったときは、霊堂には行ったものの、真間の井については知らなかったので行かず、残念な思いをしました。
 それで、その6年後にリベンジを果たしました。

 今は、井戸の蓋を取ってみなかったことを後悔しています。
 蓋を取って、中を見てみたかったです。いずれまた。(^_^)

2020年10月14日 (水)

前橋で「万葉集入門」の講演

 今日は前橋で講演をしてきました。「ばらの会」という団体で、これは、8月に講演をした「みくの会」の姉妹団体です。どちらの会も、ともに前橋市内でほぼ毎月学習会を開いています。レジュメはこちら

 会長さん等数人の幹部は共通です。そういう関係で、今日の「ばらの会」も8月の「みくの会」と同じ「万葉集入門」というタイトルで、という依頼でした。

 同じ内容で良いというのは楽ですけど、全く同じというのもなんだかなぁと思い、「主な万葉歌」という章を追加しました。これは、時々当ブログでもご披露しているもので、様々な万葉集の解説書、万葉かるた、教科書などに収録されている万葉歌を集計したものです。対象となる材料が加わると微妙に順位が変動します。

 現時点の順位20位以内は以下の通りです。

  1.田児の浦ゆうち出でて見れば真白にそ不尽の高嶺に雪は降りける(三・三一八)山部赤人
  2.銀も金も玉も何せむに勝れる宝子に及かめやも(五・八〇三)山上憶良
  3.天地の 分れし時ゆ 神さびて 高く貴き 駿河なる 布士の高嶺を 天の原 振り放け見れば 渡る日の 影も隠らひ 照る月の 光も見えず 白雲も い行きはばかり 時じくそ 雪は降りける 語り継ぎ 言ひ継ぎ行かむ 不尽の高嶺は(三・三一七)山部赤人
  4.瓜食めば 子ども思ほゆ 栗食めば まして偲はゆ 何処より 来りしものそ 眼交に もとな懸りて 安眠し寝さぬ(五・八〇二)山上憶良
  5.石ばしる垂水の上のさ蕨の萌え出づる春になりにけるかも(八・一四一八)志貴皇子
  6.東の野に炎の立つ見えてかへり見すれば月傾きぬ(一・四八)柿本人麻呂
  7.わが屋戸のいささ群竹吹く風の音のかそけきこの夕かも(一九・四二九一)大伴家持
  8.うらうらに照れる春日に雲雀あがり情悲しも独りしおもへば(一九・四二九二)大伴家持
  9.淡海の海夕波千鳥汝が鳴けば情もしのに古思ほゆ(三・二六六)柿本人麻呂
 10.あかねさす紫野行き標野行き野守は見ずや君が袖振る(一・二〇)額田王
 11.憶良らは今は罷らむ子泣くらむそを負ふ母も吾を待つらむそ(三・三三七)山上憶良
 12.熟田津に船乗りせむと月待てば潮もかなひぬ今は漕ぎ出でな(一・八)額田王
 13.若の浦に潮満ち来れば潟を無み葦辺をさして鶴鳴き渡る(六・九一九)山部赤人
 14.多摩川に曝す手作さらさらに何そこの児のここだ愛しき(一四・三三七四)武蔵国東歌
 15.ぬばたまの夜の更けゆけば久木生ふる清き川原に千鳥しば鳴く(六・九二五)山部赤人
 16.ささなみの志賀の辛崎幸くあれど大宮人の船待ちかねつ(一・三〇)柿本人麻呂
 17.紫草のにほへる妹を憎くあらば人妻ゆゑにわれ恋ひめやも(一・二一)天武天皇
 18.春の野に霞たなびきうら悲しこの夕かげに鴬鳴くも(一九・四二九〇)大伴家持
 19.み吉野の象山の際の木末にはここだもさわく鳥の声かも(六・九二四)山部赤人
 20.あをによし寧楽の京師は咲く花の薫ふがごとく今盛りなり(三・三二八)小野老

 なるほどという歌が並びます。有名な歌なのに20位までのこのランキングに出てこない歌もたくさんあり、万葉集の層の厚さを感じます。

 20位以内には赤人の歌が最も多く、5首も入っているのはちょっと意外でした。トップも赤人の歌です。

 会場は、前橋駅の南にある昌賢学園前橋ホールです。これも8月の「みくの会」と同じでした。
R02bara

2020年10月13日 (火)

さわらぎ

 昨日に続き、また頂き物のお菓子です。

 箱。
Sawaragi01
 みやびです。

 歌は百人一首でした。
 女性歌人の歌と絵とが並んでいます。
 次のような歌でした。
 「花の色はうつりにけりないたづらにわが身世にふるながめせしまに」小野小町
 「あらざらむこの世のほかの思ひ出に今ひとたびの逢ふこともがな」和泉式部
 「有馬山猪名の笹原風吹けばいでそよ人を忘れやはする」大弐三位
 「大江山いく野の道の遠ければまだふみもみず天の橋立」小式部内侍

 中身です。
Sawaragi02
 中身もまた風雅です。いずれも秋らしい絵柄ですね。
 赤い柿が印象的です。

 さはさりながら、やはり、うさぎ。(^_^)
Sawaragi03
 親子のうさぎでしょうか。月を見ています。
 月と兎もよく似合います。

 このお菓子の名前「さわらぎ」とは?

 日国には次のようにあります。用例は省略しました。

 >さわら‐ぎ[さはら‥] 【椹木】〔名〕「さわら(椹)」に同じ。

 ということで、「さわら」を引いてみました。

 >さわら[さはら] 【椹】〔名〕ヒノキ科の常緑高木。各地で広く植栽されるが、本州や九州に自生が知られている。高さ三〇~四〇メートル、径一メートルに達する。ヒノキに似ているが樹形はより鋭い円錐形をなす。葉は扁平な鱗状で小枝や細枝に対生状に圧着し、小枝がちょうど一枚の葉のようになる。葉の先端はとがり、裏面の白斑がいちじるしい。雌雄同株。果実は球形の毬果で径七ミリメートルぐらい、一〇または一二個の鱗片からなり、黄褐色。種子は長さ約二ミリメートル、幅約四ミリメートルで翼がある。材はヒノキより軟らかいが湿気に強いことから、桶(おけ)材や、障子・ふすまの組子に使う。漢名に花柏を当てるが誤用。さわらぎ。学名はChamaecyparis pisifera

 桶の材に使うということですね。このお菓子の色合いなどがサワラ材のイメージと重なることによる命名なのでしょうかね。

2020年10月12日 (月)

うさぎのチョコボール

 頂き物です。
Usagichoco01
 うさぎがたくさん。
 うさぎ年生まれで、うさぎ好きの私には嬉しいお菓子です。

 首輪といいますか、リボンといいますか、色とりどりなので、並べてみました。
Usagichoco02
 顔が違いますね。何種類かあります。
 芸が細かいです。というか、すごい手間。

 益々気に入って、取り出してみました。
Usagichoco03

 なんと! でした。
 中身は白いチョコボールが2つ。
 うさぎの顔や耳、手足や尻尾などは個包装に印刷してあるのでした。
 よくできています。こんな仕掛けとは気づきませんでした。
 思えば、色とりどりのリボンは、2つのチョコボールの境目を隠していたのでした。
 なるほどです。
 よくできています。(^_^)

 あ、最後の写真のバック、色や、右上にちょっと写っている模様で、同業者の方はお気づきかもしれませんが、岩波の日本古典文学大系です。(^_^)
 つい、お手軽に、その辺にあるものを利用してしまいます。

2020年10月11日 (日)

有田焼カレー(4)

 いつも行く近所のスーパーで買いました。
Aritacurry16

 このスーパーでは、時々ささやかな駅弁フェアを行っていたのですが、今年はコロナ禍の影響か、駅弁が並ぶのは久しぶりでした。
 このカレーを取り上げるのは4回目です。

 容器の内側。
Aritacurry17

 毎回違う容器で幸いです。

 底部。
Aritacurry18

 側面。
Aritacurry19

 電子レンジで温めて食べるようになっています。
 どこでチンするか。
 うまく温めることができても、車内で食べたら匂いますよね。
 これ、本当に駅弁なんだろうか疑惑が……。

 でも、一昨年買った有田焼カレーにはこういう表示がありました。
Aritacurry20
 「本当に駅弁なんだろうか疑惑」どころか、九州の駅弁ランキングで堂々の第1位を獲得していたのでした。

 近年は、デパートで駅弁フェアが開催されるなど、駅弁は必ずしも列車の中で食べるわけではなく、自宅で食べることも珍しくなさそうです。この駅弁は専ら自宅用ですね。

 今までの有田焼カレーはこちら

2020年10月10日 (土)

アナカリスの脇芽を植え付け

 アナカリスの葉が茶色味がかってしまい、そのうち1本の茎が途中で折れてしまいました。
Kingyo_r021008a
 こんな風に水中を浮遊しています。

 茎本体はダメそうですが、脇芽が何本も出ていて、そちらは青々としていて、至って元気です。
 そこで、脇芽を切り離して底砂に植えることにしました。

 こんな感じで、4本植えました。
Kingyo_r021008b

 無事に根付いてくれると良いです。

 というのが一昨日の状況です。
 今日は、植え付けた4本のうち3本が底砂から抜けて、水中を浮遊していました。(^_^;
 金魚が抜いてしまったのか、自然に抜けたのかは不明です。

 地上の植物と異なり、底砂から抜けても枯れる心配はありませんので、しばらくこのまま浮遊させておいて、もう少し大きくなったら、重しを付けてまた底砂に植えてみることにします。

2020年10月 9日 (金)

ぐんまちゃんのきょうだいアマビエ

 先日、高崎駅構内の物産店で購入しました。手ぬぐいハンカチです。
Amabie_nakajima01
 アマビエの周囲に、手洗い、マスク、消毒、うがい、の絵が配されています。
 このハンカチをご覧になった方から、女子力が高そう、という感想を頂きました。確かに、です。(^_^)

 もう1枚、色違い。
Amabie_nakajima02

 デザインは、ぐんまちゃんの生みの親である中嶋史子さんです。
 ということで、同じ親から生まれたもの同士なので、このアマビエは、ぐんまちゃんのきょうだいということになります。
 高崎市にある中村染工場の製品です。

 中嶋さんと中村染工場の製品には、アマビエの手ぬぐいもあります。
Amabie_tenugui02

 コロナ禍、早く終息しますように。

2020年10月 8日 (木)

山茶花元気

 しばらく前から山茶花が咲き出しました。
 毎日、1輪、2輪くらいでしたが、今日は5輪ほど咲いていましたので、雨の中、撮影しました。
Sazanka20201008a
 上の花にピントを合わせたら、下の花はボケました。雨で暗かったせいか、被写界深度、浅いです。

 つぼみもたくさんついています。
Sazanka20201008b
 今後、次々と咲いて行くことでしょう。これから楽しみです。

 山茶花は、古くは文字通り「さんざか」(あるいは「さんさか」)と呼ばれていたのが、後に音が転倒して「さざんか」に変わったと言われます。
 日国を見ると、「さんざか(さんさか)」の用例は、
 *尺素往来〔1439~64〕「李花(すもも)。山茶(さんサ)花。海棠花等」
 *日葡辞書〔1603~04〕「Sanzaqua (サンザクヮ)。ツバキノ ハナ」
 *俳諧・毛吹草〔1638〕二「十月〈略〉山茶花(サンザくゎ)」
 *書言字考節用集〔1717〕六「山茶花 サンザク サザンク
などが挙がっていました。

 「さざんか」は、
 *俳諧・冬の日〔1685〕「水干を秀句の聖わかやかに〈野水〉 山茶花匂ふ笠のこがらし〈羽笠〉」
 *大和本草〔1709〕一二「茶梅(サザンク) 山茶(つばき)の類にて、葉も花も小なり。白あり。香よし」
 *書言字考節用集〔1717〕六「山茶花 サンザク サザンク
などです。

 なるほど、よく納得できます。書言字考節用集には両形挙がっていますが、大勢としては、おおよそ17世紀半ばあたりで交替したのでしょうかね。

 また、「つばき」は上代から例がありますけど、「さんざか」は最古の例が15世紀の尺素往来ですね。
 その前はどうだったのでしょう。椿と同じものと考えて、区別しなかったのかも。

2020年10月 7日 (水)

インフルエンザの予防接種

 9月末にこのような通知が届きました。
R02influ01

 中身です。
R02influ02

 封筒には「インフルエンザ予防接種通知書在中」と書いてありますが、中身には「高齢者インフルエンザ予防接種予診票」とあります。

 高齢者は早目に予防接種が受けられるのですね。
 また、自己負担額は2,500円となっていますが、これを印刷したあと変更があったようで、無料だそうです。

 今までインフルエンザの予防接種は受けたことがありませんでしたが、今年はコロナ禍のため、初めて予防接種を受けようかと思っていました。ぴったりのタイミングでした。

 高齢者ねぇ……。あまり自覚はありません。(^_^)
 まぁ、初期高齢者といいますか、早期高齢者といいますか、高齢者見習といいますか、そんなところです。

 今日、クリニックに行って、無事に予防接種を受けてきました。

 あ、うちは目黒区ですが、10秒くらい歩くと大田区です。目黒区のヘリ。
 封筒の中には、対応する目黒区の医院のリストが入っていましたが、近所の医院は全て大田区のため、1駅先の医院に行きました。
 そこはかかりつけの先生なので、問題ないのですが、家がヘリのため、選挙の時の投票所も、やはり結構遠いです。

2020年10月 6日 (火)

今日、後期の授業開始

 今日から後期の授業です。
 元勤務先でもある非常勤先では、10月1日から後期授業開始なのですが、私の授業は火曜日なので、今日からということになりました。

 授業は3科目で、いずれもGoogleClassroom、Meet利用の遠隔授業です。3限4限5限の3コマ連続です。

Googleclassroom04
 看板のバックの絵は、左から順に耳成山、畝傍山、天香久山です。

 新学期は、いつも、どんな学生さんたちだろうかという不安があります。
 しかも、遠隔で顔も分かりませんので、なおさら。

 何とか3コマ無事に終わりました。

 授業中の反応がさっぱり分かりませんでしたが、リアクションペーパー代わりのメールを見る限りは、しっかり聴いてくれたようです。

 授業形態は、Meetを使ってのリアルタイムの授業ですが、画面共有で、画面にレジュメを映しながら、音声で説明するテレビ型か、あるいは、レジュメはあらかじめダウンロードし、プリントアウトして貰って、私のカメラは切って音声だけで説明するラジオ型を考えています。
 両者でどの程度通信費が変わるのかよく分かりません。希望を聞いたところ、定額制なのでどちらでも支障ないという意見が今のところ多数でした。どちらでも支障ないが、ラジオ型の方が助かるという声や、家にプリンターがないのでテレビ型がありがたいという意見もありました。
 よくよく検討してみます。どちらかに絞らず、両者のバランスを考えて行うということも考えます。

 またあれこれ試行錯誤です。

2020年10月 5日 (月)

「仏教かるた」

 このようなかるたを入手しました。
Bukkyocard05
 うさぎとねこが描かれているのが嬉しいです。(^_^)
 あとは、熊とねずみと小鳥ですね。
 ねこはねずみを肩車しているようです。敵同士の両者が仲良くしているあたりは仏心の象徴でしょうか。

 裏です。
Bukkyocard06
 こちらでも、ねことねずみは隣同士で仲が良さそうです。

 京都仏教幼稚園協会企画、日本仏教保育協会監修で、版元はすずき出版です。

 この3者の組合せで作られたかるたは、今までに2点入手していました。

 「仏教保育かるた」と「おしゃかさまかるた」です。
Bukkyocard01
Shakacard05

 今回のかるたは、紙のパッケージを外すと、プラスチックの箱に入っています。
Bukkyocard07
 ご覧のように、読み札は縦長で手に持ちやすい形状、取り札は大判の正方形になっています。

 取り札の裏側はこのようです。
Bukkyocard09

 この上にプラスチックの蓋を載せると絵が浮かび上がってきます。ちょっと分かりにくいですけど。
Bukkyocard10

 6枚だけご紹介します。
Bukkyocard08

 対応する読み札は以下の通りです。

 え:えんまさま うそを つく こは だいきらい
 な:ならのしか だいぶつさまも おともだち
 ひ:ひんじゃの いっとう かぜにも きえず
 ふ:ふまないで ちいさな むしにも だいじな いのち
 み:みを ささげ つきに のぼった しろうさぎ
 ゆ:ゆきのひに かさを もらった おじぞうさん

 「え」の閻魔様は怖そうです。子供は怯えそう。(^_^;
 「な」は嬉しい札です。♪
 「み」は「おしゃかさまかるた」でも同文でした。うさぎ好きとしては、この札は落とせません。
 「ゆ」は笠地蔵ですね。お地蔵様なので仏教と繋がりはありますが、他に、「おおきなかぶ」もあります。

 すずき出版は、絵本や児童書も出していますので、得意分野ですね。

2020年10月 4日 (日)

マザーリーフ繁茂

 一昨日から2泊3日で渋川の家に行ってきました。
 鉢を並べていたマザーリーフが生い茂っていました。
Ml16

 これらのマザーリーフは、平成17年に頂いた1枚の葉から増えたものです。
Ml14

 マザーリーフは、ハカラメ(=葉から芽)という異名のある植物で、1枚の葉を水に浸しておくと、葉から芽が出ます。
Ml15

 こんな増え方をすれば、いくらでも増えます。(^_^)
 ただ、寒さには弱く、渋川では屋外では冬を越せません。

 マーザーリーフは東京にも持ってきていて、東京でも増殖中です。

 浜木綿も元気です。留守中に花が咲いたようで、もう残骸になっていましたが、実ができるかもしれません。
 また実から育ててみましょうか。
Hamayu_r021002

 この渋川の家に越したのは平成4年の9月でした。もう随分長く暮らしています。
 しかし、3年半前に定年退職してからは、東京の家がメインの住み処になり、渋川の家に行くときは日帰りが多くなりました。
 渋川の家に泊まるのは平成30年7月19日以来で、2泊するのは平成29年8月23日以来です。

 今回2泊したのは、いよいよ渋川の家を撤収することになり、部屋を片づけるためです。
 季候も良くなり、冷暖房不要で、ちょうど良い気温でした。
 どの部屋にもものが満ちあふれており、前途遼遠ですが、年内撤収に向け、頑張ります。

2020年10月 3日 (土)

「ぶっ倒れ」た吉良上野介

 先ごろ、このようなものを入手しました。
 昭和14年の映画「忠臣蔵」のシナリオです。
S14chuscena01

 奥付。
S14chuscena05

 画像では大きさが分かりませんが、手のひらサイズです。
 実際の撮影で使ったものではなく、宣伝用とか、おみやげ用とか、そういったものと思います。
 赤穂城明け渡しまでを収めます。

 大石は大河内伝次郎、浅野は長谷川一夫です。
S14chuscena02

 松の廊下の刃傷の場面。
S14chuscena03

 その数行先。
S14chuscena04

 オーソドックスな内容と思いますが、目を引いたのは、浅野に斬られた吉良が「ぶっ倒れ」ていることです。
 刃傷の場面の1枚目は最後の行、2枚目は2行目にその表現が出てきます。
 なんか違和感を覚えます。「ぶっ倒れる」というのが、セリフ(特に町人の)の中に使われているのならば良いのですが、地の文なので。
 俗語と感じたからでしょう。

 日国には次のようにありました。

 ぶっ‐たお・れる[‥たふれる] 【打倒】〔自ラ下一〕ぶったふ・る〔自ラ下二〕(「ぶっ」は接頭語)
  はげしい勢いでたおれる。また、「たおれる(倒)」の俗語的表現。
  *雑兵物語〔1683頃〕下「あに頑馬だによってがらりぶったをれたによって」
  *画の悲み〔1902〕〈国木田独歩〉「川原の草の中に打倒(ブッタフ)れてしまった」

 ここにもやはり、「俗語的表現」とあります。

 近代の作品から用例を探してみました。
 おおよそ時代順です。

 「先程奇怪な叫び声を立てたその若い漁夫は、やがて眠るようにおとなしく気を失って、ひょろひょろとよろめくと見る間に、崩れるように胴の間にぶっ倒れてしまった。」有島武郎『生まれ出づる悩み』

 「一旦これが、他殺の嫌疑のある死体かなんぞになって、往来にぶっ倒れていたとなると、まず権助か八兵衛か熊公か、通称からして調べてかからなければならなくなるし、」里見弴『多情仏心』

 「イエ、丹波様が、お裏庭で、鮪のようにぶっ倒れておしまいなすったから、皆さんのお手を拝借してえんで。」林不忘『丹下左膳』

 「私は着物を四枚重ねだ。若い者は寒いと酒ばかり飲んでいるよ。それでごろごろあすこにぶっ倒れてるのさ、風邪をひいてね。」川端康成『雪国』

 「京造は車掌のことばには答えないで、いきなり、吾一の横っ腹のところに、ぶっ倒れたと思うと、おいおい泣きだした。」山本有三『路傍の石』

 鴎外や漱石の用例は見つかりませんでした。

 大正以降には、有島武郎や里見弴などに用例があります。川端康成の『雪国』は忠臣蔵のシナリオとほぼ同時代です。ただ、この用例はセリフの中ですね。

 私の感覚では、「ぶっ倒れる」というのは、改まったところには使わない表現と思えましたが、昭和14年の頃は必ずしもそうではなかったのかもしれませんね。あるいは感じ方に個人差もあったのかもしれません。

 現代を生きる自分の感覚で考えてはいけませんね。同時代にどうだったのか、調べてみないと。

2020年10月 2日 (金)

杉本優先生ご逝去

 群馬県立女子大学で同僚だった杉本優先生が9月29日に亡くなられたとのお知らせを頂きました。
Sugimoto02

 杉本先生のご専門は日本近代文学です。
 大学では、文学部長、大学院の文学研究科長、図書館長等の要職を歴任されました。
 また、10数年前の文学部の改革案の作成にもご尽力くださいました。

 2年半前に亡くなられた石川先生と同い年で、お誕生日もひと月違いでした。64歳と思います。
 来年の3月で定年退職のはずでしたのに、それを待たずのご逝去、何とも、言葉もありません。
 お二方とも早すぎます。

 杉本先生は、以前、奈良教育大学にお勤めだった時期もありますので、奈良のことなどお伺いすることもありました。

 新型コロナウイルスの感染拡大予防のため、お通夜や告別式は行わないそうです。

 謹んでご冥福をお祈り申し上げます。

Sugimoto01

Sugimoto03

 10月4日に写真を追加しました。
 いずれも平成27年のものです。
 1枚目と2枚目は謝恩会、3枚目は国語国文学会の懇親会の折のものです。

2020年10月 1日 (木)

中秋の名月2020

 今日の分、もうアップしちゃいましたけど、月が綺麗だったので、もう1つ。
 今日は中秋の名月だそうで。
Tsuki20201001
 三脚は使わずに、息を止めて、脇を締めて取りました。撮影は21時です。
 それをトリミング。

 もう少し露出を上げても良かったかもしれません。

悲報! 体重が……

 去年の6月に、ペットボトルのジュースをがぶ飲みして急性糖尿病になった人のニュースを見て、以来、アイスクリームや甘いペットボトルを断ちました。そうしたら、全く思いがけなくも体重が減り始めました。
 ところが、コロナ禍によるステイホームの影響で、2月以来ぐんぐんと元に戻りつつありました。
 そういう状況を受けて、6月以降、毎月1日に体重の推移グラフを載せてきました。
 自分のプライバシーもブログのネタになります。(^_^)

 月が変わって10月1日になりましたので、9月までの状況を載せます。
Taiju201906_202009
 6月以降、体重増加は落ち着き、やや減少傾向さえあったのでしたが、8月後半からまた増加に転じました。(^_^;

 グラフ左端の去年の6月から去年の10月前半までで5.78kg減ったのに、今や、去年の6月前半との差は350gしかありません。ほぼ、元の木阿弥状態。

 思い返せば、最近はちょっと油断気味だったと思います。
 改善に向けて頑張ります。

 11月1日に掲載するグラフをご期待ください。
 いえ、誰も興味ないと思いますけど。(^_^;

« 2020年9月 | トップページ | 2020年11月 »

2020年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

ウェブページ