« お寺のねこ(3) | トップページ | 「支那暦」という語 »

2020年9月27日 (日)

平成10年の観音寺木簡記事

 新聞の切り抜き、また出てきました。
 今回は、難波津の歌を書いた観音寺木簡に関する記事です。

 毎日新聞の平成10年11月5日付朝刊
H10kannonji_mainichi

 同日の読売新聞。
H10kannonji_yomiuri

 この記事のために新聞2紙を購入したようです。
 7世紀後半のものですね。当時、和歌を書いた最古の木簡の発見ということになります。
 「ツ」の仮名も興味深いです。「矢」という訓仮名も使用されています。

 読売の記事の末尾には、他に「国守」と記した木簡や、「椿 ツ婆木」と記した木簡が出土したことも書かれています。
 これらの木簡も貴重ですね。

 その後、平成20年に相次いで歌木簡が発見されることになりますが、その先駆けのような発見でした。

 憶えのために列挙しておきます。
  平成18年10月 「春草」木簡(難波宮跡)7世紀半ば
  平成20年 5月 「難波津/安積山」木簡(紫香楽宮跡)8世紀半ば
  平成20年10月 「朝凪」木簡(石神遺跡)7世紀後半
  平成20年10月 「秋萩」木簡(馬場南遺跡)8世紀後半

« お寺のねこ(3) | トップページ | 「支那暦」という語 »

文字・言語」カテゴリの記事

歴史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« お寺のねこ(3) | トップページ | 「支那暦」という語 »

2020年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

ウェブページ