« 長屋王邸宅跡確認の新聞記事 | トップページ | あやうい浜木綿の子 »

2020年8月25日 (火)

花を付けていた浜木綿

 先週の金曜日、午前中から前橋で講演がありましたので、前日から群馬に移動して、前橋で前泊することにしました。
 会場まで歩いて行けるところに宿泊すると気楽です。

 群馬に行くなら、と思い、木曜日は、まず渋川の家に寄りました。今回は70数日ぶりでした。
 前回はコロナ禍で100数日ぶりの渋川でしたので、鉢植えの浜木綿を屋内に取り込んだまま、100数日もの間、水やりをしなかったことになります。かわいそうなことをしました。
 その日に、浜木綿は外に出しました。7月はかなり雨が降ったので、あまり心配はしていませんでした。
 でも、8月はかなりの猛暑だったようで、葉が少し縮れていました。雨もあまり降らなかったのでしょう。

 花の残骸が付いていました。
Hamayu_r020820

 浜木綿ってこんな花が咲きます。
Hamayu_r010724a

 見るカゲもなく萎れてしまっていますね。カラカラです。

 春先、3ヶ月以上も水をもらえず、弱っていたでしょうに、頑張って花を付けたのですね。
 せっかく咲いた花を愛でることができず、残念でしたし、申し訳なくも思いました。
 せめて、ご近所の方が目を留めてくださっていたら幸いです。

 渋川の家は年内に撤収予定ですので、そうすれば、浜木綿の鉢は東京に持ってこられます。
 身近にあればしっかりとお世話できます。もう少し辛抱して欲しいです。

« 長屋王邸宅跡確認の新聞記事 | トップページ | あやうい浜木綿の子 »

植物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 長屋王邸宅跡確認の新聞記事 | トップページ | あやうい浜木綿の子 »

2020年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

ウェブページ