« 二色刷の入試問題 | トップページ | 藤原京の範囲 »

2020年8月17日 (月)

船明(ふなぎら)・千明(ちぎら)

 昨日、ニュースを見ていたら、静岡県浜松市船明で気温40.9度を記録したと言っていました。
 「ふなぎら」と読むのですね。この地名を見るのも初めてでしたし、「ふなぎら」と読むことも初めて知りました。

 群馬県の北の方に多い名字に千明というのがあって、「ちぎら」と読みます。群馬で暮らすようになるまで、見たことのない名字でしたし、「ちぎら」と読むことも知りませんでした。

 おもしろいですね。離れた場所なのに、どちらも「明」を「ぎら」と読んでいます。

 なんでしょ?

 「ぎ」は連濁とすると、「きら」ですかね。
 「きらきらし」や「きらめく」の「きら」か、「あきらか」の「きら」か。
 どちらかだとは思いますけど。さて。

 今は「明」という漢字から「きら」「ぎら」という読みはすぐには出てきませんけど、かつては「明」をそのように読むことは広く行われていたのかもしれませんね。

 なお、観智院本類聚名義抄では「明」(仏中87)の訓は、アキラカニ アキラカナリ アカス アラハス アス アク ヒカル ミル ミツ ナル タスク アケヌ で、キラは載っていません。

 画像が無いと寂しいので、1枚貼っておきます。「キラ」のイメージです。
Gunmac_trump04_20200817021701

« 二色刷の入試問題 | トップページ | 藤原京の範囲 »

ぐんまちゃん」カテゴリの記事

文字・言語」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 二色刷の入試問題 | トップページ | 藤原京の範囲 »

2020年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

ウェブページ