« 群馬県の封筒を県立女子大の学生がデザイン | トップページ | お寺のねこ(2) »

2020年7月 8日 (水)

金魚重篤&無事恢復

 元気いっぱいだった金魚が、先週の水木(7月1日・2日)、元気がなく食欲もない状態になってしまいました。
 何かをしたという心当たりはなく、原因不明です。
 ただ、水槽内の8匹全部が同じような状態ですので、水に原因があるのではないかと思います。
 3年前に、4日ほどで7匹が全滅した悪夢が思い出されます。
 しばらく様子を見ることにしました。

 3日(金)、さらに元気がなく、1匹の頭がこのようになってしまっていました。
Kingyo_r0207a
 白いのは病変のようにも見えますし、茶色く細長いものも見えます。
 びっくりして、この写真を撮って、1駅先のアクアリウムショップに見て貰いに行きました。
 店主さんは首をかしげていましたが、しばらく様子を見て、もし腫れてきたりすればまた来て欲しいとのことでした。
 金魚全員の元気がなくなったことに対しては、水替えをして、塩を入れるようにとのアドバイスを貰いました。
 お礼を言って、水道水のカルキを抜く薬を買いました。
 今までは、水道水のカルキを抜くには、水を汲み置いていましたが、それでは時間が掛かりますので、薬を使うことにしました。何か買わないと悪いという思いがありましたので、買い物ができて良かったです。

 ちょうど水替えを予定していましたので、汲み置き水はあり、帰宅後すぐに水替えをしました。
 塩の方は、分量がわからなかったので、夜にネットで調べて、翌日行うことにしました。
 ググってみたら、塩浴はポピュラーな治療法のようで、説明してあるサイトがいくつも見つかりました。
 塩分濃度はみな共通していて、0.5%です。
 うちの水槽の容量で計算してみたら、塩の量は240gになりました。
 子供の頃、金魚の元気がなくなったときに、水槽に塩を入れたことがありました。その時の塩の量は1つまみほどでした。
 水槽の大きさが違うとはいえ、240gというのは途方もない量に思え、計算し直しましたが、合っているようです。

 4日(土)、朝8時に起きてゴミを出し、その足でいつものスーパーに塩を買いに行きました。8時から開いているので助かります。
 240gって、このくらいになります。
Kingyo_r0207b
 さすがにこれをいちどきにドバッと入れるのはまずかろうと思い、朝、昼、夕と、3回に分けて投入しました。
 あ、金魚の頭にできた病変のようなものは、この日の朝には形跡もなく消えてしまっていました。
 あとから思うに、あれは、フレーク状の金魚のエサが頭に貼り付いたものではないかと思います。
 茶色く細長いものは、食べ残した乾燥糸ミミズか、乾燥赤虫ではないかと。
 お騒がせしました。(^_^;

 金土あたりは、金魚は全員、底砂の上に貼り付いてほとんど動きません。
 5日(日)には、金魚の体にこういう白い物が付き出しました。
Kingyo_r0207c
 いかにも悪そうなものでびっくりしましたが、どうやらこれは、金魚の体を覆っている粘液(粘膜)が剥がれて固まったもののようです。
 塩の影響もありそうですが、体調が悪いとこういうことになるそうです。
 やがて体調が回復すればまた元に戻るようです。粘膜の新陳代謝のようなものですかね。

 5日(日)~7日(火)の3日間は毎日水替えをしました。月曜あたりから日を追って元気になって行きました。

 7日の夕方にはもう底の方にじっと沈んでいるといったことはなく、緩慢ながらも泳いでいます。
 体表面の白いものもだいぶ少なくなりました。
Kingyo_r0207d

 今日もまた水替えをしました。かなり復活しました。
Kingyo_r0207e
 もう底にへばりついていることもなく、普通に泳ぎまわっています。夢のようです。
 連日の水替えのたびに塩を補って、塩分濃度は0.5%を保っていますけど、そろそろ塩分濃度を下げていっても良いかと思います。

 一時は全滅も覚悟したのですが、全員恢復という最高の結果になりそうで、とても幸いです。

 体調不良の原因はゴハンのやり過ぎのように思います。
 最近、もたもたしていると水を飛ばされることもあって、ついつい食べさせすぎていたと反省しています。
 たくさん食べるとフンも増え、食べ残しも増えることでしょう。それが原因で水質の悪化に繋がったように思います。
 食べさせすぎないように気を付け、水替えの頻度を上げ、その際の分量も上げることにします。

 心配な1週間でした。無事に恢復して本当に嬉しいです。♪

« 群馬県の封筒を県立女子大の学生がデザイン | トップページ | お寺のねこ(2) »

金魚」カテゴリの記事

コメント

金魚,快復傾向でよかったですね。
いちばん最初の写真を見て,白点病かなと思いました。
その場合,すぐに隔離して,治療薬を投入します。
でも源さんは,専門店で相談してよかったですね。
一週間,さぞ心配だったでしょう。
水替えも,大変だったことでしょう。
お疲れ様。
これからも,元気な金魚の写真を見せてくださいね。

萩さん

 コメントをありがとうございます。

 今日はさらに元気になりました。もう大丈夫そうです。
 今日もまた水替えをする予定ですが、塩の追加はしないか、あるいは量を減らして塩分濃度を徐々に下げてゆこうかと思います。
 水替えも、あまり頻繁だと濾過バクテリアが減ってしまいましょうから、この頻度も考えないといけないと思います。
 兼ね合いがなかなか。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 群馬県の封筒を県立女子大の学生がデザイン | トップページ | お寺のねこ(2) »

2020年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

ウェブページ