« 『ならら』6月号は「龍田」の地名特集 | トップページ | イケない薬を克服して、あじさい開花 »

2020年6月 1日 (月)

外出自粛太り

 昨年の6月から、それまで毎晩飲んでいたCCレモンと、毎晩食べていたアイスクリーム断ちをしました。今も継続中です。
 ペットボトルのジュースをがぶ飲みしすぎて急性糖尿病になった人のことをテレビで見たのがきっかけです。
 他に、毎朝、紅茶に砂糖とクリープを入れて飲んでいたのを、どちらも入れないことにするなど、糖分の摂取を減らしました。

 そうしたら、体重がぐんぐん減って行きました。
 減糖に当たって、ダイエットは全く念頭になかったのですが、効果てきめんでした。

 半月ごとの平均値をグラフにしました。
Taiju201906_202005
 横軸、字が込み入るので「○月前半」しか表記されていませんが、点線が「○月前半」、点線と点線の中間が「○月後半」です。

 縦軸が体重ですが、数字は省きました。(^_^) 線と線との間は1kgです。
 ということで、6月前半から10月前半までの4ヶ月で、5.8kg減りました。
 劇的です。
 ただ、減糖だけが理由ではないかもしれません。ちょうど夏の暑い時期を含みますので、その影響による体重減少もあるかもしれません。それは他の年も見てみないとなりません。

 10月後半に少し増えた後、2月前半まではほぼ増減なく推移しました。

 そして、2月後半以降、体重はぐんぐんと増加中です。
 コロナ禍の中でも従来通りの、あるいは従来以上のお仕事をされている方々には誠に申し訳ないことながら、これ、外出自粛の影響でしょうね。運動不足。

 元の木阿弥です。

 体を動かすようにせねばと思います。

« 『ならら』6月号は「龍田」の地名特集 | トップページ | イケない薬を克服して、あじさい開花 »

日常」カテゴリの記事

健康・病気」カテゴリの記事

コメント

私もこの数か月でめっきり・・・・でして・・・

私の場合、家から出ることは出るんですが、仕事の中身がガラッと違ったものになってしまいましたからねえ。
やっぱり声を出さないと。

でも、今日からは生徒さんも半分ずつですが登校することになり、声を出す毎日が始まりました。
マスクwしたまま声を出すのが体力的にかなりしんどいのですが、これが減量に功を奏してくれればと思っています。

三友亭主人さん

 コメントをありがとうございます。

 三友亭主人さんも体重が増えましたか。お仲間です。(^_^;
 声を出すことの意味というのは分かる気がします。
 教室の奥までちゃんと声が届くようにしないとなりませんものね。

 今日から対面授業再開ですか。
 私も、もとの勤務先ではまだ遠隔授業が継続中ですが、前橋の講座が再開されます。
 たぶんマスク着用と思います。マスクをしたまま声を出すのはしんどいでしょうね。

源さん、ご無沙汰しております。グラフは人間の活動を正確に刻んでいますね。私も一日に約600歩という日があり、驚きました。ちょっと散歩しても、6000歩にはなかなか到達しないことに気づきました。普段の通勤がいかに健康維持に役立っているかを痛感しております。ニュースでは約60パーセントの人がコロナ太り、とありましたが、40パーセントの人はそうではないのですね。リモートワークをしている人は労働人口の何パーセントくらいなのでしょうか。この数字が日本社会の何かを反映しているのはまちがいないのでしょうか、どう考えたらいいのかは皆目見当がつきません。

鈍蛾さん

 コメントをありがとうございます。

 大変御無沙汰しています。
 大学は、2月頃から様々な判断を迫られて、さぞ大変なこととお察し致します。

 本当に、絵に描いたようなグラフになりました。
 鈍蛾さんも運動不足ですか。私も、スーパーに買い物に行った後、大回りをして家に帰っていますが、そう大した運動にはなっていませんので、さらに大回りのコースを考えようと思います。

 職種や業種によって、リモートワークが無理なものもありますよね。医療、生産、流通、運輸などが頭に浮かびますが、まだまだあることでしょう。暮らしを支えてくれる大事な分野ですよね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 『ならら』6月号は「龍田」の地名特集 | トップページ | イケない薬を克服して、あじさい開花 »

2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ

ウェブページ