« 演習の履修生からの質問(2) | トップページ | 2ヶ月半ぶりの講座 »

2020年6月11日 (木)

粗大ゴミ扱いは納得できない

 家に不要な布団やマットレスがあります。
 これを廃棄したいのですが、粗大ゴミとして出すのは面倒そうです。
 ふと、これを解体して小さくすれば良いのではないかと思い立ちました。
 
 まずマットレスがうまくいったので、次は羽毛布団を解体することにしました。
 この解体はかなり厄介なことになるだろうと想像できましたので、浴室を閉め切り、換気扇を回して作業しました。
 浴室で作業というのは最適解と思います。他の部屋だったらエライことになっていました。
 ただ、まだ考えが足りませんでした。服を着たままでしたので。(^_^;
 途中で全部脱ぎました。そして、マスクもしました。←遅い。
 洗い場が羽毛の海になりましたが、何とかゴミ袋に収めることができました。
 家の中じゅう、「あ、こんな所にも」というほど、微細な羽毛が散っていましたが。

 昨日の朝、羽毛を詰めたゴミ袋2つを出しました。
 ほっとしました。今度はどの布団を解体しようかと思いました。

 午後に外出して帰宅途中、ゴミの収集場に見覚えのあるゴミ袋が2つ残されているのが目に入りました。
 朝、私が出したゴミ袋でした。驚いて持ち帰りました。
Sodaigomi01

 このような紙が貼ってありました。
Sodaigomi02
 粗大ゴミとして出せということですね。なぜ?

 1辺が30cm以上のものが粗大ゴミとなります。
 だから、布団そのままでは当然粗大ゴミです。
 薄手の夏掛けのようなものならば、無理やり圧縮すれば45リットルのゴミ袋に入るかもしれません。
 でもダメでしょうね。このゴミ袋自体が1辺30cmを越えていますので、やはり粗大ゴミになると思います。
 布団の表皮を剥いで、綿の固まりにした場合は微妙でしょうか。もとは布団だからダメ、という理屈は立つかもしれません。

 でもね、この袋の中身はミリ単位、10ミリ単位の微細な羽毛です。それでもダメなんですかねぇ。
 粗大ゴミと言われるのは、なんか納得できません。微細ゴミの集合体なんですけど。
 今までまじめに生きてきたのに、こんな犯罪者扱いをされて、ショックでした。

 さて、解決策としては、1辺が30cmを越えないような小さな袋に小分けにして出せば良いですかね。
 今度は初めから脱いでやろうと思いますけど、またあちこちの部屋に微細な羽毛が飛びます。
 まだ気力が湧かないので、ま、そのうち。

 さて、まだ解体していない布団ですが、今回のことで、粗大ゴミの出し方について調べたら、事前に区に申し込んでお金を払えば、粗大ゴミ自体は近所の収集場に出しておけば良いそうです。料金は布団ならば2枚まで300円とのことです。

 自分で解体するよりも楽そうです。残った布団は解体せずに粗大ゴミとして出そうと思います。

« 演習の履修生からの質問(2) | トップページ | 2ヶ月半ぶりの講座 »

日常」カテゴリの記事

コメント

大変な作業をしたのに粗大ゴミ扱いになってしまい,残念でした。
そのお気持ち,分かります。
(中身が見えなかったら,良かったかも)

それより,源さんが熱中症にならなくてよかったなと思います。
無理をなさらないように,お願いします。

萩さん

 お言葉ありがとうございます。
 ほんと、なぜなのか理由が分からず、釈然としません。

 熱中症のことは考えませんでしたが、確かに風呂場を閉め切って作業って、あぶないですよね。
気を付けます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 演習の履修生からの質問(2) | トップページ | 2ヶ月半ぶりの講座 »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

ウェブページ