« 外出自粛太り | トップページ | 演習の履修生からの質問 »

2020年6月 2日 (火)

イケない薬を克服して、あじさい開花

 一昨年の夏に鉢植えのあじさいを買ってきて、そのまますぐに地植えにしました。
Ajisai20180705
 枝や葉っぱに比べて、花が異様に大きく、多いです。
 店頭のカランコエと同様、業者のところで何かワザを使っているのでしょうね。イケない薬など。

 そのあじさい、1年後の昨年の夏はこんなでした。
Ajisai20190603
 前の年に買ってきたときとは大違いです。
 葉は大きくなりましたが、花は小ぶりなのが1つしか咲きませんでした。

 そして、今日。
Ajisai20200602a
 花は、バッチリ見えている3つの他に、うしろの方にあと3つ咲いています。合計6つ。花も去年よりも大きいです。
 イケない薬の影響が消えたのでしょうか。
 自然が一番。

 左下の一番小さい花。
Ajisai20200602b

 左上の中くらいの花。
Ajisai20200602c

 右側の大きな花。
Ajisai20200602d

 大きさにつれて、色も濃くなっています。
 日が経てば、更に濃くなるかもしれません。
 楽しみです。

« 外出自粛太り | トップページ | 演習の履修生からの質問 »

植物」カテゴリの記事

コメント

同じ株のアジサイ株でしょうか。
何か全く違うので驚きです。
やっぱり,地植えで三年目。木も,のびのびしている感じです。
花の色もいろいろ代わりそうで楽しみですね。

萩さん

 コメントをありがとうございます。

 はい。一昨年の7月に買ってきて、そのまま地植えにして、今に到っています。
 剪定もしていません。

 一昨年はあれがポットに植わっていたわけで、あれだけ大きな花がたくさん付いているというのは異様でした。やはり何か仕掛けがあるのでしょうね。

 来年は更に自然に帰るのではないかと思います。

 今年の花の色、もう少し濃くなってゆくでしょうけど、青いまま散るか、赤くなって行くか、楽しみです。個人的には青いのが好きです。

昨日、NHKローカルのお天気お姉さんが、「四葩」というアジサイの別名を紹介していました。まったく、聞いたこともなく、書いたこともない漢字でした。調べてみると、夏の季語とか。色が変化するように、アジサイの名前も色々変化するのですね。

古都の焼け門さん

 コメントをありがとうございます。

 あじさいを漢字で書くと「紫陽花」が一般的ですよね。私はこれしか知りませんでした。
 「四葩」は初めて知りました。「よひら」と読むのですね。花弁が4枚あることによる表記とのこと。

 歳をとっても、知らないことがたくさん。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 外出自粛太り | トップページ | 演習の履修生からの質問 »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

ウェブページ