« イースターなので、烏骨鶏の卵 | トップページ | 『日本名所記』 »

2020年4月13日 (月)

義士ようかん完食

 昨年の3月に義士ようかん48本セットを買いました。
Gishiyokan03
 四十七士+「義」で48本で、本煉、黒糖、塩、抹茶、さくらの全5種類です。

 賞味期限は今年の2月15日。1年は52週ですので、週に1本ペースでOKです。
 週に2~3本食べていたりしていましたが、夏から始まったCCレモン断ちとアイスクリーム断ちに合わせて、甘いもの全般を控えるようになりました。その最中にようかんというのは論外です。それで、このようかんもずっと食べなくなってしまいました。
 
 CCレモン断ちとアイスクリーム断ちは今も継続中ですが、甘いもの一般はあまり控えなくなりました。このようかんも復活。(^_^)
 それで、昨夜無事に全部食べ終わりました。おいしゅうございました。
 賞味期限を2ヶ月ほど過ぎてしまいましたが、支障ないでしょう。ようかんですから。

 冷凍庫にはアイスクリームがいっぱい入っています。
 緊急事態宣言が発令されましたので、食料品の備蓄も心掛けていますが、冷凍庫が満杯です。
 アイスクリーム、少しずつ食べて、空きを増やそうかなぁと考えている今日この頃です。

« イースターなので、烏骨鶏の卵 | トップページ | 『日本名所記』 »

忠臣蔵」カテゴリの記事

健康・病気」カテゴリの記事

菓子」カテゴリの記事

コメント

おもしろい羊羹ですね。どこでつくっているのでしょう?

丸一年かけて食べるとはすごいですね。
私だったら,一日2,3個を食べちゃうかも。

冷蔵庫にはアイスクリームがいっぱいなのですね。
お菓子グルメの源さんらしい。

萩さん

 コメントをありがとうございます。

 このようかんを作っているのは、東京新橋の新正堂という和菓子屋さんです。
 お店の場所は、浅野内匠頭が切腹した田村右京大夫邸の近所(あるいは敷地内だったかもしれません)で、切腹最中が有名です。

面白い羊羹ですね。
先生のことですから、この羊羹空き箱もコレクションに入るのでしょうね。

新生堂の切腹最中は知っていましたが、義士ようかんのネーミングもなかなかのツボに入りました。

やまゆりさん

 コメントをありがとうございます。

 48種類の箱って、なかなか大変ですよね。
 この箱の絵、古い絵を踏まえながらも、平成になってから新たに描かれたものです。
 古風で、なかなか味がありますよね。
 捨てられません。(^_^;

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« イースターなので、烏骨鶏の卵 | トップページ | 『日本名所記』 »

2020年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

ウェブページ