« 残るアマリリス発芽 | トップページ | 得鳥羽月 »

2020年4月29日 (水)

「オトギカルタ」

 このようなかるたを入手しました。
Otogicard07
 現物ではなく復刻版です。奥付がなく、いつの復刻か分かりません。

 解説が1枚入っていて、「このオトギカルタは、大正時代から昭和初期に各地に普及していたかるたを、主に復刻製作しました。」とあります。
 「主に復刻製作しました」という部分が意味不明です。

 絵札と読み札はこのようです。
Otogicard08

 今まで、当ブログでは、おとぎ話・昔話のかるたを3つ取り上げてきました。

 昔話のかるた(戦前)
 「おとぎかるた」(戦後ほどなくか)
 「お伽カルタ」(戦前)

 それぞれの内容を表にしてみました。
Otogicardrank
 桃太郎が不動の1位です。それ以外の順位は4つのかるたでほぼ同様ですが、戦後、金太郎の躍進が目立ちます。

 興味深いのは「に」の札と「も」の札で、いずれも桃太郎です。そして、「も」は不動の「桃から生まれた桃太郎」です。
 「に」は「日本一の~」で、「日本一の桃太郎」だったり「日本一のキビ団子」だったりします。このかるたでは「日本一の旗を立て」ですね。

 上の札では、金太郎の読み札2枚が興味深いです。
 2枚続けると、「まさかりかついだ金太郎 熊にまたがりお馬の稽古」となります。
 これ、童謡の歌詞とほぼ同じですね。明らかに童謡の歌詞を踏まえていることでしょう。
 とすれば、このかるたの発行年を知る手掛かりになる、と思いました。
 わくわくしましたが、ダメでした。
 この童謡(というか唱歌)は、明治33年(1900年)6月発行の『幼年唱歌 初編上巻』に載っているのでした。
 このかるた、明治33年以降ということしか分かりません。年代は絞れませんでした。

 あと4組。
Otogicard09

 前のかるたでも朝倉山のオニさんからご指摘を頂きましたように、「うさぎとかめ」の話は舶来品ですね。
 それにも関わらず、しれっと混ざっています。(^_^)

 どの札でも、動物は丸ごと動物の姿をしているにもかかわらず、猿蟹合戦のカニは、頭だけがカニで、体は人間です。

 語句に関しては、「ら」の札「楽に退治る鬼ヶ島」の「退治る」が少し気になりました。
 名詞の動詞化ですね。現代では「退治する」が普通だと思います。
 日国によると、古くは「退治す」だったのが、江戸の後半から「退治る」が使われるようになったようです。
 最古の用例として、人情本の『春色梅美婦禰』〔1841~42頃〕のものが挙がっていました。

 箱の絵は、この復刻に際して新たに描かれたもののようです。
 絵札が3枚散らしてある他に、右下に一寸法師が、中央から左上に掛けて鬼の絵が描かれています。
 この一寸法師、かるたの絵と全く違いますね。
Otogicard10
 箱の絵は中原淳一風です。←知らんけど。(^_^;
 かなりミスマッチと思います。(^_^)

【追記】
 一寸法師の装備って、お椀の舟に箸の櫂、そして剣は針でしたね。箱の絵の一寸法師の剣、柄頭の部分にちゃんと針のメドがありますね。細部がちゃんと描かれています。(^_^)

« 残るアマリリス発芽 | トップページ | 得鳥羽月 »

文字・言語」カテゴリの記事

かるた」カテゴリの記事

史料・資料」カテゴリの記事

コメント

僭越ながら、中原淳一風の絵は高橋真琴氏のイラストのように思いました。
高橋真琴氏のイラストは1960年代から1970年代くらいに流行っていましたが、
1950年代から少女漫画などで仕事をされていたと思います。
中の絵札とはだいぶ違いますね。

源さんの後輩さん

 早速のご教示をありがとうございました。
 高橋真琴氏ですか。
 どうも全く疎くてお恥ずかしいです。
 そうしますと、このカルタが復刻された年代も何となく推測できますね。
 ありがとうございます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 残るアマリリス発芽 | トップページ | 得鳥羽月 »

2021年3月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

ウェブページ