« お寺のねこ | トップページ | 綿貫観音山古墳の出土品が国宝に »

2020年3月26日 (木)

地域猫?

 昨日、お寺のねこのことを書きました。
Myokenjineko02

 その時は気づかなかったのですけど、このねこ、右耳に切れ込みがありましょうか?
Myokenjineko03

 飼い主のいないねこに避妊手術を施し、その目印として耳の一部をカットして、地域猫として見守る、という話を以前教えて頂いたことがありました。

 群馬県の地域猫のしおりにもこのようなイラストがありました。
Myokenjineko04

 お寺のねこの耳の切れ込みはずいぶん小さいので、あるいは違うのかもしれません。
 切れ込みがあまり小さいと目印にはなりにくいですから。

 どうでしょうね。

« お寺のねこ | トップページ | 綿貫観音山古墳の出土品が国宝に »

」カテゴリの記事

コメント

猫さん、大好きです。
実家には母の嫁入りのときに一緒にきたコの子孫が続いています。
猫と一緒に暮らしてきたので、私は猫派。
犬(セントバーナードやシェパード)もにいましたが、子どもでしたのでちょっと怖かったです。
今は団地住まいですので、専ら、ねこあつめで遊んでもらっています。

安中にも「招き猫のお寺」があります。
ご住職が豪徳寺で修行なさった縁だそうです。

やまゆりさん

 猫、いいですよね。猫も犬も好きですけど、いつの間にか猫派になりました。(^_^;

 ご実家の猫さん、相当に代を重ねているのでしょうね。

 「ねこあつめ」、私も楽しんでいます。「今日のあいことば」には時々知らない言葉が登場するので、勉強になります。
 去年、「寄物陳思」が登場した時はびっくりしました。
http://mahoroba3.cocolog-nifty.com/blog/2019/08/post-61a853.html

ねこあつめ、実は先生がやっておいでになると知ってから始めました。
なので、本当に初心者です(^_^;)

「レアねこ」と呼ばれるコたちの姿はあまり見ていません。
いつ来てくれるかなぁ、とお世話の日々です。

実家の猫、本当に何代めになるんでしょう。7代か8代かぐらいかと思いますが、正確なことはわからなくなりました。

大きな声では言えませんが、昔も今も「避妊」はしていません。
本当はした方が良いのでしょうけれど・・・

やまゆりさん

 あ、「ねこあつめ」、そうでしたか。(^_^;

 レアねこは、このグッズでないと来ない、というのが結構決まっているので、それを見つけてください。

 あ、確かに、避妊していないので代を重ねているわけですものね。
 野良猫を生み出したり、多頭飼いが崩壊したりしないように責任を持って飼えれば、良いと思いますけど。

命に対する責任は、祖母も母も自らの手において果たしていました。
(これ以上は控えます)
それが良いことかどうかは別として、「普通」の時代でもありました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« お寺のねこ | トップページ | 綿貫観音山古墳の出土品が国宝に »

2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

ウェブページ