« 塩盈珠・塩乾珠は緑と赤? | トップページ | 大正15年の「大傑作双六」(2) »

2020年3月19日 (木)

大正15年の「大傑作双六」

 昨日のブログでご紹介した「海幸山幸」の絵を含む双六について。
 昨日も書きましたが、これは、大正11年に創刊された『少年少女美談』という雑誌の大正15年新年号の付録で、標題には「大傑作双六」とあります。
 何が「大傑作」なのか、意味不明です。
T15kessaku01_20200320175001
 右下隅が「ふりだし」になっています。
 そこから時計回りに辿ると、以下のようになります。

・美しき口笛(ふりだし)
・叩々斎老人
・風雲時代の子
・無名の愛国者
・天上の桃
・西河津村
・トム物語
・愛国侠児団
・宝物合せ
・人を倒す蟇
・海幸山幸
・水戸黄門漫遊
・兄を尋ねて
・魔法の巨龍
・御馳走の国(上り)

 項目名も意味不明なものが大部分です。
 私に分かるのは「海幸山幸」と「水戸黄門漫遊」だけでした。

 ググってみても、分かったのは1つだけ。

 ふりだしの左隣に「叩々斎老人」というのがあります。このままではありませんが、「叩々老人」がヒットしました。
 「辞世の句」(http://www.osoushiki-plaza.com/institut/dw/199304.html)というサイトです。次のようにありました。

 ●叩々老人(年代不明)
 駿河の国に叩々老人という者がいた。禅に興味を持ち、生涯を酒落に暮らしたが、あるとき子供が紙の幽霊を作って木に掛けて人を驚かしていたが、この老人、こんなものでは駄目だと白の浴衣を着て竹馬に乗って、夜中森林の前を徘徊した。時に侍がこれを見て、剣を抜いて切ろうとした。老人は竹馬から落ちてそのショックで腰の骨を挫いてしまい、それ以来病の床に伏せるようになって、遂に死亡した。その辞世、
「五斗(醤油のかす)はおき 後生(来世)も乞わぬ我が腰を折りて今日はい左様なら」(今昔狂歌叢書)

 双六の「叩々斎老人」の絵は以下の通りです。
 着物の色は違いますが、竹馬に乗っている点など、解説と合っているように思います。
T15kessaku04

 「西河津村」の絵はこのようです。
T15kessaku05
 河童が縛られています。この村の名はググってもヒットしませんでした。

 「魔法の巨龍」は以下の通りです。
T15kessaku06
 「魔法のドラゴン パフ」はたくさんヒットしますが、それはドラゴンと少年の交流を描いたもののようですので、双六の絵と合いません。

 これら以外はお手上げです。何か分かると良いのですけど。

« 塩盈珠・塩乾珠は緑と赤? | トップページ | 大正15年の「大傑作双六」(2) »

史料・資料」カテゴリの記事

歴史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 塩盈珠・塩乾珠は緑と赤? | トップページ | 大正15年の「大傑作双六」(2) »

2021年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

ウェブページ