« 『万葉集原論』(中西進)が文庫本に | トップページ | 天保九年の『増補地名便覧』 »

2020年3月14日 (土)

アマリリスを植え替え

 毎年花を咲かせてくれる鉢植えのアマリリス、もう十数年もずっと植えっぱなしです。
 たまには植え替えた方が良いのではないかと思い、今日、植え替えました。

 植え替え前の鉢。
Ama20200314a
 全部で5鉢。いずれも渋川の家から少しずつ持ってきました。
 もとは1鉢だったものが段々に分球して、これだけの数になってしまいました。
 手前にある球根だけのものは、鉢ごと持ってくるのが重くて、先月、中身だけ持ってきたものです。
 いずれも地上部の葉はすっかり枯れています。

 植え替えに当たって用意したもの。
Ama20200314b
 植え替えって、普通は外でするものでしょうけど、外は寒いし、雪まで降っているし、座ってできないし、ということで、部屋の中で行うことにしました。
 無茶します。(^_^; 無精者です。
 段ボール箱は、その中にポリ袋を入れて、その中で作業をしようという魂胆です。
 部屋の中だと座ってできるので楽です。♪

 掘り上げた面々。
Ama20200314c
 どれも実際にはもっと沢山の根がありました。鉢の中じゅう一杯に、根もころごろにといった感じで。
 やはり、あまり長年月放置してはいけません。

 上の写真の右下のもの。
Ama20200314d
 球根の赤ちゃんのようなものができていました。←韮のようです。(3/21追記)

 植え替え後。
Ama20200314e
 きれいにできました。(^_^)

 植え替え前は5鉢でしたが、植え替え後には7鉢になってしまいました。
 置き場所が……。

 部屋の中はほぼ汚さずに作業を終えることができました。めでたいです。
 くたびれたし、夕飯を食べるのが遅くなると「ブラタモリ」を見るのに支障があるので、後片づけは後回し。
 今日は金魚の水槽の水替えもしようと思っていたのですが、それもまた明日。

« 『万葉集原論』(中西進)が文庫本に | トップページ | 天保九年の『増補地名便覧』 »

植物」カテゴリの記事

コメント

今日の東京は なごり雪 でしたね。
一方で桜の開花宣言もあり、冬と春が同居する不思議な一日でした。

先生は植物に愛されている方ですね。
うらやましいです。
私は何度か花を育てようと頑張りましたが、なぜかダメにしてしまいます。
なので、我が家の植物のお世話は専ら夫の担当。
普通は逆のパターンなのでしょうが、私は花を眺めるだけにしておいたほうが良いみたいです。
これでも一応は農家の娘なのですけれど・・・

やまゆりさん

 コメントをありがとうございます。

 植物を愛してはいますけど、愛されているかどうかは何とも。(^_^;

 母方の祖母、母の妹、私の妹が園芸好きですので、その血のようです。
 好きなだけで、植物の名前も、育て方も、詳しくありません。

 でも、植物は楽しいです。

植物に愛されていなければ、お世話をしても応えてはくれませんて。
株分けができるほど育つのはやはり、植物に愛されているからですよ。

よく聞くのが、「花は、お世話をした分だけ、応えてくれる」という言ですが、私にはどうも当てはまりません。
花は私を癒すだけで、「これ以上は無理」と力尽きてしまうようです。

やまゆりさん

 そうですね。
 このアマリリス、一時はずいぶん分球してくれたのですが、その後はさっぱりです。
 ずっと植えっぱなしだったのがいけなかったのかもしれません。
 今回の植え替えで、また元気を取り戻して欲しいです。

 さて、無事に花が咲きますか。(^_^)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 『万葉集原論』(中西進)が文庫本に | トップページ | 天保九年の『増補地名便覧』 »

2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ

ウェブページ