« 大正15年の「大傑作双六」(2) | トップページ | 目覚ましスマホ引退 »

2020年3月21日 (土)

球根の赤ちゃんの正体

 ちょうど1週間前にアマリリスの植え替えをしました。
 7鉢にもなってしまい、置き場所に悩みましたが、簡単でした。
 まだ地上部に何も出ていないので、日当たりの良い場所に置く必要はないことに気づきました。
 それならば、置き場所はいかようにもなります。(^_^)

 まだ何の変化もありません。
 芽(実態は鞘のようなものに収まった花のつぼみ)が出るまであと1ヶ月ほど掛かりましょう。
 例年のように無事に出てきて欲しいです。

 そんな中で、1鉢だけ芽の出たものがあります。
Nira20200321

 この鉢は、植え替えの時に見つかった球根の赤ちゃんのようなものを植えた鉢です。

Ama20200314d

 過去に何度か体験した分球とはずいぶん異なります。
 でも、ひょっとしたら、分球のごくごく初期の段階かとも考えました。

 でも違いますね。葉が全く異なります。
 この葉、どこかで見たような……。

 韮ですね。(^_^;

 アマリリスの鉢に紛れ込んだのでしょう。
 お恥ずかしい勘違いでした。

« 大正15年の「大傑作双六」(2) | トップページ | 目覚ましスマホ引退 »

植物」カテゴリの記事

コメント

韮であるのは確実ですか?
ひょっとしたら水仙かもしれませんよ。
韮と水仙は間違えやすいですし。
野の水仙も「なぜここに?」と思うような所で頑張っているものを見かけます。
どうかそのまま育ててあげてくださいまし。

やまゆりさん

 コメントをありがとうございます。

 以前、アマリリスの鉢から韮が生えてきて花が咲いた前科(?)がありますので、まず間違いないと思います。
http://mahoroba3.cocolog-nifty.com/blog/2018/09/post-97ec.html

 鉢植えにしたのもご縁ですので、行く末を見守って行きたいと思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 大正15年の「大傑作双六」(2) | トップページ | 目覚ましスマホ引退 »

2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ

ウェブページ