« 『少年少女美談』大正12年9月号 | トップページ | お寺のねこ »

2020年3月24日 (火)

季節限定「旅がらす」

 群馬県に「旅がらす」というお菓子があります。製造販売元は前橋の清月堂です。
 こういうのです。
Tabigarasu04
 画像は清月堂のHPから借用しました。勝手に使ってしまっていますけど、ま、宣伝になるから良いかと。(^_^;
 2枚の鉱泉せんべいでクリームを挟んでいます。ゴーフルやゴーフレットと似ていますが、それらよりも固めです。
 ハラダのラスクのように県外まで有名というわけではありませんが、県内ではよく知られています。

 しばらく前に、「旅がらす」の期間限定版を頂きました。
Tabigarasu01

 中身です。
Tabigarasu02
 いちご味と、しょうが味。おいしく頂きました。

 京都の八つ橋などにも季節限定版がありますね。

 当ブログに載せたものには、「鶴乃子」や「かもめのたまご」の春バージョンがありました。
Sakuratsurunoko02

Kamomesakura04

 季節感もあるし、いつもとは違った味だし、目先が変わって良いです。(^_^)

 期間限定「旅がらす」の外袋にこうあります。
Tabigarasu03
 1951年というのは、「旅がらす」の誕生年ではなく、製造販売元の清月堂の創立年です。
 私と同い年。(^_^) ←歳がばれる。 ←今さら。(^_^;

« 『少年少女美談』大正12年9月号 | トップページ | お寺のねこ »

ぐんまちゃん」カテゴリの記事

群馬あれこれ」カテゴリの記事

菓子」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 『少年少女美談』大正12年9月号 | トップページ | お寺のねこ »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

ウェブページ