« 『木簡 古代からの便り』 | トップページ | 『日本語学』2020春 »

2020年3月 1日 (日)

縛られ豚&活性炭UFO

 意味不明なタイトルですね。
 読んで頂くと、「おお、なるほど」と納得していただけるかと思います。(^_^)

 2月27日(木)に書きましたように、金魚の水槽に入れた活性炭の袋、浮いてしまいました。邪魔です。(^_^;
Blackhole04

 時間が経てば沈むかと思いましたが、ダメでした。

 「重しを付ければ良いのだ」と気づくまでに1日掛かりました。
 何を重しに使うか、部屋の中を見回しましたが、良いものがありません。
 外で石を拾ってくることも考えましたが、意外と石が落ちていませんし、落ちている石には正体不明のバイ菌が付いている怖れもあります。
 ふと水槽を見たら、アクセサリーの土管があるではありませんか。これに結べば良い。灯台下暗しです。

 活性炭と土管とを結びつけるのに何を使うか。裁縫の糸では細い気がします。
 考えているうちに、近所のスーパーの台所用品の所にたこ糸を置いてあったことを思い出しました。
 で、買いに行きました。ありました。
Kasseitan01
 う~ん。焼き豚を作るのに豚肉を縛るのは分かりますけど、生きた豚をふん縛るのは……。
 おとなしく縛られているところに哀れを感じます。諦めたような目をしています。
 しかも、上半身は生きた豚ですけど、糸の下は焼き豚になってしまっています。
 なんか、ビフォー、アフターのようで。

 活性炭と土管とを結んで水槽に入れました。
Kasseitan03
 浮かんでいる活性炭の袋がUFOのようです。
 土管の上に直接活性炭を乗せて、そのまま縛ってしまえば簡単ですけど、密着させるよりも離しておく方が、活性炭が水に触れる部分が多く、有効かと思いました。でも、あとから考えたら、大差ないですね。思考力が足りない。

 たこ糸にはこんな注記がありました。
Kasseitan02
 私のは明らかに用途外使用です。(^_^)

 1日経って見たら、活性炭は沈んでいました。
Kasseitan04
 もう、重しを付けておく必要はなさそうです。
 おまけに、沈んだ活性炭が水草を圧迫しています。

 たこ糸は外してしまいましょう。
Kasseitan05
 たこ糸を外しても、もう浮かんできません。

 という顛末でした。
 長々とお付き合いいただき、ありがとうございました。

« 『木簡 古代からの便り』 | トップページ | 『日本語学』2020春 »

金魚」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 『木簡 古代からの便り』 | トップページ | 『日本語学』2020春 »

2021年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

ウェブページ