« 勾玉のお守り | トップページ | 「日本昔絵すごろく」 »

2020年1月29日 (水)

『ならら』のロゴ(3)

 定期購読している雑誌『ならら』の題字を変えるという記事が、『ならら』の昨年の11月号に載っていました。
 候補は下の4つです。この4候補を対象に投票を募集していました。そのことを当ブログに「『ならら』のロゴ」というタイトルで書きました。
Narara201911c
 私は、現行のものが良いと思っていました。三友亭主人さんも同様のようでした。

 今年の1月号から新しいロゴに変えるということでしたが、1月号では変わっていませんでした。
 そのことも当ブログに「『ならら』のロゴ(2)」として載せました。
 今日は、それを受けて「『ならら』のロゴ(3)」です。

 今日、『ならら』の2月号が届きました。
Narara202002a
 春らしい色合いですね。今日は暖かかったです。

 さて、題字は変わっていませんねぇ。(^_^)

 1月号では題字のことはどこにも書いてありませんでしたが、今号では編集後記の末尾に次のようにありました。
Narara202002b
 皆さん同じようにお考えのようで。(^_^)
 現行のままで良いという意見が圧倒的多数だったのですね。(^_^)
 変更は見送りとのこと、良かったです。

 日本書紀成立1300年記念の記事が2本始まりました。
 記事を載せることは控え、タイトルのみ載せます。2本とも見開き2ページの記事です。
Narara202002c

 裏表紙は丸ごと全部、奈良テレビの広告です。
 いくつか番組を紹介している中に、次のものがありました。
Narara202002d
 桜井市は相撲発祥の地とありますね。
 三輪山の北西麓に鎮座している相撲神社に1度だけ行ったことがありました。平成15年の5月です。
Narara202002e


« 勾玉のお守り | トップページ | 「日本昔絵すごろく」 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

飛鳥・奈良」カテゴリの記事

文字・言語」カテゴリの記事

コメント

>変更は見送りとのこと・・・

あらら・・・ですねえ。よほど皆さんの思いが伝わったのでしょう。

今度の桜井場所は我が家とは目と鼻の先で行われるもの、ちょいと興味はあるのですがけっこうしますのでねえ・・・
どうしようか迷っています。どなたか、奇特な方が招待してくれたらありがたいのですが(笑)

相撲神社はなぜか行く機会がなく、「まだ」の場所となっています。
当麻のけはや座も「まだ」の場所で・・・

一度行かねばとは思っているのですがね。

三友亭主人さん

 コメントをありがとうございます。
 現行のロゴの支持者が圧倒的だったというの、なんか愉快です。
 衆目の一致するところ、といったところですね。

 桜井場所、高額チケットなのですか。ご近所割引などがあるといいのに。
 あ、幕尻優勝した德勝龍は奈良県出身でしたね。桜井場所には県内からたくさんのお客さんが押しかけそうですね。

 相撲神社は近すぎて未踏地なのかもしれませんね。

 桜井といえば、以前仰っていた桜井に新しくできるホテルって、ルートインなのですね。明後日開業だそうで。桜井駅徒歩1分とのことですので、立地は良いですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 勾玉のお守り | トップページ | 「日本昔絵すごろく」 »

2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

ウェブページ