« 二〇二〇餅 | トップページ | 『大美和』138号 »

2020年1月 3日 (金)

お屠蘇と鯛

 歳末、いつものスーパーで、お屠蘇が目に入りました。
 お屠蘇、もう何十年も飲んでいません。
 昔飲んだ時の香りと味が記憶に甦ってきました。
 で、お酒と一緒に買ってきました。
Toso
 お酒は、南魚沼の純米吟醸「八海山」の1合瓶です。

 屠蘇散の説明を読むと、屠蘇散を清酒1合に6~7時間浸し、みりん(30~50ml)、または砂糖(小さじ2~3杯)を加える、とあります。
 普通、元日に飲むのでしょうけど、寝坊したり、忘れていたりして、屠蘇散を浸すのは今日になってしまいました。まだ三が日なので良いと思います。

 おいしゅうございました。でも、昔飲んだのはもっと甘かったような。
 昔飲んだのは、清酒じゃなくて、みりんに浸けたのかもしれません。

 今日の夕方、またいつものスーパーに行ったら、ささやかな駅弁フェアをしていました。
 そこに金目鯛西京焼弁当がありました。小田原の駅弁です。新年早々、鯛はめでたいと思い、買って来ました。
Kinmesaikyo01

 中身です。
Kinmesaikyo02

 パッケージと中身と違うような気も……。(^_^;

 パッケージの右下隅にこのようにありました。
Kinmesaikyo03
 パッケージの写真はイメージ映像なのでした。

 でも、焼きたてをアップで撮ればパッケージのようになるでしょうから、あながち違っているとも言えないような。

« 二〇二〇餅 | トップページ | 『大美和』138号 »

日常」カテゴリの記事

駅弁」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 二〇二〇餅 | トップページ | 『大美和』138号 »

2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

ウェブページ