« 千葉で萬葉学会 | トップページ | 『決算!忠臣蔵』 »

2019年10月20日 (日)

千葉で萬葉学会2日目

 今日は、淑徳大学での萬葉学会の2日目です。

 千葉駅前の交番。
2019manyo11
 ユニークで、ほほえましい造型と思います。(^_^)

 淑徳大学のスクールバス。
2019manyo12
 淑徳大学の最寄り駅は蘇我駅です。内房線、外房線、京葉線の停車駅で、なかなか便利そうです。
 蘇我駅から淑徳大学までは徒歩だと20分ほど掛かるそうですが、駅前から大学までスクールバスが出ていて、これに乗ると6分ほどです。
 昨日・今日、多い時で10分おきに運行してくれました。無料です。

 学内のバス乗り場に5台停まっていました。上の写真の2台と、下の写真の3台です。
2019manyo13
 普段も頻繁に運行しているものと思います。学生さん達に対する手厚い福利厚生ですね。

 さて、2日目の研究発表会は、院生さん達の発表もありますので、写真は載せないことにしようかと思いましたが、発表者のかるべさんがいいと言ってくれましたので、かるべさんの写真だけ載せます。
2019manyo14_20191020221201
 
 私の定年退職とともに群馬県立女子大学を卒業して、奈良女子大学の大学院に入学した学生さんです。
 奈良女というのはベストチョイスだったと思います。本人が選んだ進学先です。
 昨年の夏には美夫君志会でも研究発表をしています。このまますくすくと育っていって欲しいです。

 さて、来年の萬葉学会は奈良県のサンゴウチョウだそうです。
 耳で聞いた時には「はて?」と思いましたが、「三郷町」という文字が頭に浮かびました。斑鳩町の西隣ですね。
 会場が奈良県というのは嬉しいです。(^_^)
 日程は、10月17日(土)・18日(日)・19日(月)とのことです。

« 千葉で萬葉学会 | トップページ | 『決算!忠臣蔵』 »

研究」カテゴリの記事

万葉集」カテゴリの記事

コメント

かるべさんのご活躍、源さんから見ればうれしいことでしょうねえ。
わたしん方も奈良の地に住んでいるものとして応援申し上げます。

さて・・・

>来年の萬葉学会は奈良県のサンゴウチョウ・・・

だとか、これならば私も参加できますねえ。それにしても「サンゴウチョウ」とカタカナで書かれると奈良に住んでいるものでも一瞬「?」となってしまいますね。

三友亭主人さん

 はい。もとの勤務先で、大学院に進学して上代を専攻した学生は何人もいましたが、研究者を目指していた学生はいませんでした。そういう意味では、定年退職の直前で出現した唯一の研究者の卵です。あ、博士課程に進学しましたので、もう卵ではありませんね。(^_^)

 応援してくださっているとのお言葉、ありがたく存じます。

 三郷町の名前の由来が気になって、三郷町のHPを見てみましたら、

 >三郷村は、明治22年の町村制施行により、立野(たつの)、勢野(せや)、南畑(みなみはた)が統合されて出来た村で、三つの村を合わせるということで「三郷」の名前が誕生しました。
 >その後、昭和41年に三郷町となり、現在に至っています。

とのことでした。明治22年の町村合併によって生まれた新地名なのですね。

 なかなか油断なりません。(^_^)

 三友亭主人さん、県内ですので参加しやすいですね。月曜日の旅行はきっと御存じ寄りの処ばかりでしょう。(^_^)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 千葉で萬葉学会 | トップページ | 『決算!忠臣蔵』 »

2020年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

ウェブページ