« 新町で公開講座&新町は群馬の玄関 | トップページ | 藤岡の鬼サブレとキティの胡麻団子 »

2019年10月 3日 (木)

出席カードの猫&ナゾの猫絵

 非常勤先の旧勤務先で新学期が始まりました。
 履修者名簿ができるまでの数回は、いつものように出席カードを配ります。
 これまたいつものように「猫の絵などを書いてもいいよ」と言いましたが、今回は書いてくれた学生は少なく、絵も大作はなく、控えめな作ばかりでした。

 PC上で切り貼りしました。
Shusseki201910a
 左下は猫と金魚ですね。金魚を狙っているのか、金魚と仲良くしたいのか。
 右下はあまりにも小さい。(^_^) 座っている黒猫ですかね。

 3限の講義講読と4限の演習を取っている3年生が布製の手提げを持っていましたので、写真を撮らせて貰いました。
Nekoe201910
 ちょっとよく分からない絵です。
 猫が水辺で、水面に映った自分を見ていますね。それで、「おさかな、おいしそう♪」とよだれを垂らしています。
 という理解でいいと思うのですが、何を魚と思っているのか。
 猫の頭から魚のようなものが出てきていますけど、どうして魚が出てくるのか。
 魚の形をした髪飾りというわけでもないと思うのですが。
 シュールな絵なのか。
 どなたか、お分かりの方がいらしたらご教示くださるとありがたく存じます。

« 新町で公開講座&新町は群馬の玄関 | トップページ | 藤岡の鬼サブレとキティの胡麻団子 »

大学生活」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

 見たことのないイラストですが、「頭が赤い魚を食べた猫」の一つの解釈を絵にするとこんな感じかなと。

 五通りに解釈できてしまう(中にはありえないものもありますが)文の例だったような気がします。

朝倉山のオニさん

 コメントをありがとうございます。

 ううむ。「頭が赤い魚を食べた猫」の一つの解釈を絵にしたものですか。
 とすると、この猫はもう既に魚を食べてしまっているということになりましょうか。

 難解です。よくよく考えてみます。

頭が赤い魚を食べた猫 という文の意味を機械的にとると

 「頭の色が赤い」魚を、食べちゃった猫 → 魚の頭が赤い
 「頭の色が赤くて」「魚を食べた」猫 → 猫の頭の色が赤い
 猫の頭が、赤い魚をたべちゃった  シュールです。
 頭の形状が「赤い魚を食べた」形になっている何か。 ますますシュール。
 頭の色が赤くて、しかも魚を食べた猫の形状になっている何か。  さらにシュール。

 の五つになるということらしいです。
 
 イラストの猫は、上から三つ目のようにみえます。

 本当にそうかどうかはわかりませんけれど。

朝倉山のオニさん

 詳しいご解説をありがとうございます。

 よく納得できます。3番目の解釈は、あの絵とぴったりと思います。

 日本語学の題材の文章を絵にしたものとは。……なかなか奥の深い絵だったのですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 新町で公開講座&新町は群馬の玄関 | トップページ | 藤岡の鬼サブレとキティの胡麻団子 »

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

ウェブページ