« 『はじめて楽しむ万葉集』(上野誠)のデータを追加 | トップページ | 水草復活 »

2019年8月13日 (火)

代表的な万葉歌(3)

 今日は、昨日の続きのような内容ですが。(^_^;
Ueno_hajimete  
 上野先生の本に採られた歌を加えたことで、私の「代表的な万葉歌」の順位が変わりました。30位以内は以下の通りです。

 01.田子の浦ゆうち出でて見れば真白にぞ富士の高嶺に雪は降りける(3・318)山部赤人
○02.銀も金も玉も何せむにまされる宝子にしかめやも(5・803)山上憶良
 03.天地の 分れし時ゆ 神さびて 高く貴き 駿河なる 布士の高嶺を ~(3・317)山部赤人
 04.瓜食めば 子ども思ほゆ 栗食めば まして偲はゆ いづくより 来りしものそ ~(5・802)山上憶良
○05.石走る垂水の上のさわらびの萌え出づる春になりにけるかも(8・1418)志貴皇子
 06.東の野にかぎろひの立つ見えてかへり見すれば月かたぶきぬ(1・48)柿本人麻呂
 07.我が宿のいささ群竹吹く風の音のかそけきこの夕かも(19・4291)大伴家持
 08.うらうらに照れる春日にひばり上がり心悲しも独し思へば(19・4292)大伴家持
 09.近江の海夕波千鳥汝が鳴けば心もしのにいにしへ思ほゆ(3・266)柿本人麻呂
 10.あかねさす紫野行き標野行き野守は見ずや君が袖振る(1・20)額田王
○11.憶良らは今は罷らむ子泣くらむそれその母も我を待つらむぞ(3・337)山上憶良
○12.熟田津に船乗りせむと月待てば潮もかなひぬ今は漕ぎ出でな(1・8)額田王
 13.若の浦に潮満ち来れば潟をなみ葦辺をさして鶴鳴き渡る(6・919)山部赤人
 14.多摩川に曝す手作さらさらに何そこの児のここだ愛しき(14・3373)東歌(武蔵)
 15.ぬばたまの夜の更けゆけば久木生ふる清き川原に千鳥しば鳴く(6・925)山部赤人
 16.楽浪の志賀の辛崎幸くあれど大宮人の舟待ちかねつ(1・30)柿本人麻呂
 17.紫草のにほへる妹を憎くあらば人妻ゆゑにわれ恋ひめやも(1・21)天武天皇
 18.春の野に霞たなびきうら悲しこの夕影に鴬鳴くも(19・4292)大伴家持
 19.み吉野の象山の際の木末にはここだも騒く鳥の声かも(6・924)山部赤人
○20.あをによし奈良の都は咲く花のにほふがごとく今盛りなり(3・328)小野老
 21.玉たすき 畝傍の山の 橿原の ひじりの御代ゆ 生れましし 神のことごと ~(1・29)柿本人麻呂
 22.笹の葉はみ山もさやにさやげども我れは妹思ふ別れ来ぬれば(2・133)柿本人麻呂
○23.春過ぎて夏来るらし白栲の衣干したり天の香具山(1・28)持統天皇
 24.春の園紅にほふ桃の花下照る道に出で立つ娘子(19・4139)大伴家持
 25.わたつみの豊旗雲に入り日差し今夜の月夜清く照りこそ(1・15)天智天皇
○26.験なきものを思はずは一杯の濁れる酒を飲むべくあるらし(3・338)大伴旅人
 27.家にあれば笥に盛る飯を草枕旅にしあれば椎の葉に盛る(2・142)有間皇子
 28.春の野にすみれ採みにと来しわれそ野をなつかしみ一夜寝にける(8・1424)山部赤人
 29.士やも空しくあるべき万代に語り継ぐべき名は立てずして(6・978)山上憶良
 30.我が背子を大和へ遣るとさ夜更けて暁露に我れ立ち濡れし(2・105)大伯皇女

 ○を付けた歌が上野先生の本に採られた歌で、いずれも前回よりも順位が上がっています。
 僅差で歌が並んでいますので、新しい材料が加わると、すぐに順位が変動します。

 このうち、23位「春過ぎて」と26位「験なき」の歌は、前回は31位以下でした。
 この2首が30位以内に入ったことで、割を食って31位以下に落ちてしまったのは次の2首です。

  吉野なる菜摘の川の川淀に鴨ぞ鳴くなる山蔭にして(3・375)湯原王
  楽浪の志賀の大わだ淀むとも昔の人にまたも逢はめやも(1・31)柿本人麻呂

 どちらも良い歌とは思いますが、「春過ぎて」「験なき」との入れ替えならば、やむを得ないかと思います。

 材料を増やすことで、より妥当な「代表的な万葉歌」を目指したく思います。

 順位が下の方の歌を、キリの良いところで拾ってみると、たとえば次のようになります。

  50位 一つ松幾代か経ぬる吹く風の声の清きは年深みかも(市原王)
  60位 わが妻はいたく恋ひらし飲む水に影さへ見えて世に忘られず(若倭部身麻呂/遠江防人)
  70位 白玉は人に知らえず知らずともよし 知らずとも我し知れらば知らずともよし(元興寺の僧)
  80位 信濃なる筑摩の川の細石も君し踏みてば玉と拾はむ(信濃国東歌)
  90位 唐衣裾に取りつき泣く子らを置きてそ来ぬや母なしにして(他田舎人大島/信濃防人)

 万葉集って、一体どれだけ名歌が多いのかとつくづく思います。

« 『はじめて楽しむ万葉集』(上野誠)のデータを追加 | トップページ | 水草復活 »

万葉集」カテゴリの記事

コメント

だんだんと精度(といっていいのかな?)が増してきますよね・・・こうやって資料が増えてくると・・・

私の場合・・・しきしまの大和の国に人二人・・・どうしても外せないんですが、これはいわゆる選集にはあんまり入ってないんですよねえ・・・でも・・・私が万葉集というものの読み方を勉強し始めた沢潟先生の萬葉古径の一番最初にあったので、どうしても焼き付いてしまってるんですよね。

三友亭主人さん

 はい。資料を増やす度に、精度が上がってゆく実感があります。
 対象文献をさらに増やしてゆきたいです。

 あと、現在は何もかも一緒くたにしていますけど、戦前期、昭和戦後期、平成令和期、などという風に分けて集計すべきかなぁ、などとも思い始めています。

 また、今年新たに加えた教科書の影響が色濃く出ているように思いますので、傾斜配点といいますか、教科書の比率を少し下げた方が良いようにも思います。ただ、教科書に載ったことで多くの人に知られるようになった歌は、それはそれである意味「代表的な万葉歌」とも言えましょうから、殊更に比率を下げるようなことはしない方が良いのかも、などという迷いもあります。

 「敷島の大和の国に」の歌、印象深い歌なのですね。
 この歌、現在、第54位に入っています。かなり高位と言えましょう。(^_^)
 相良直美の「世界は二人のために」の影響もあってか、意味を取り違えられがちな歌ですね。(^_^;

 上のコメント、「相良」は「佐良」の誤りでした。
 お詫びして訂正致します。

 何となく違和感はあったのですが、気づきませんでした。

 ブログをご覧くださったH先生からご教示頂きました。
 ブログをご覧くださったこと、ご教示くださったこと、御礼申し上げます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 『はじめて楽しむ万葉集』(上野誠)のデータを追加 | トップページ | 水草復活 »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ

ウェブページ