« こちらは一時雨 | トップページ | 文政5年の『懐宝 和漢年代記大全』(2) »

2019年8月16日 (金)

文政5年の『懐宝 和漢年代記大全』(1)

 このようなものを入手しました。
Wakannendaiki01
 字が随分薄くなっていますが、『懐宝 和漢年代記大全』とあります。

 綴じてはありません。1枚紙を縦に22面に屏風状に折り、それをさらに横に2つ折りにしています。
 広げた大きさは、140cm×31.5cmほどです。
 用紙の和紙は厚手です。

 裏です。
Wakannendaiki02
 「文政五壬年再刻」とあります。
 「浄書 田中正造」とありますが、著者名はありません。
 江戸の書肆の名が5軒挙がっています。

 広げるとこのようになります。
Wakannendaiki03
 字が小さすぎてよく分かりませんね。(^_^;

 推古天皇12年(604)から文政10年(1827)までの1224年間の年表です。
 横は12段になっています。1段目が子年、2段目が丑年……というように、格段は同じ干支になるように作られています。

 冒頭部。
Wakannendaiki05
 欄外に「隋」「唐」とあります。
 1年はさらに2段になっていて、上段(白い部分)は日本、下段(黄色い部分)は中国です。

 右上に推古十二があります。左に「日本式目のはじめ」とあるのは十七条憲法を指すものと思われます。
 下段の黄色い部分には「隋 文帝 仁寿四」とあります。

 なぜ推古12年から始まっているのかについては、この年が甲子でキリが良かったということがあると思います。
 もう1つ、歴史年表を見ると、この年は日本で初めて暦が使われた年とあります。
 ただ、日本書紀にはその記事はありません。政事要略に「儒伝云、以小治田朝十二年歳次甲子正月戊辰朔、始用暦日」(巻25)とあるのが典拠と思われます。この年がわが国における暦の初めであるなら、この年から年表が始まるのはよく理解できます。
 ただ、『和漢年代記大全』の編集者は政事要略を見ていたのでしょうかね。それが疑問です。

 和銅3年付近は次の通りです。
Wakannendaiki06
 和銅3年は右下隅です。「みやこをならにうつす」とあります。
 同年下段の中国の部には「睿宗 景雲」とあり、「中宗 皇后韋氏にころさる」とあります。

 こんな感じで、毎年、日本と中国の年号と、その年の主な出来事が記されています。
 南北朝時代には両朝の年号が併記されています。

 両面印刷で、裏面は次のようになっています。
Wakannendaiki04
 これまた細かいです。こちらについては後日(たぶん明日)改めて。

« こちらは一時雨 | トップページ | 文政5年の『懐宝 和漢年代記大全』(2) »

史料・資料」カテゴリの記事

歴史」カテゴリの記事

民俗・宗教」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« こちらは一時雨 | トップページ | 文政5年の『懐宝 和漢年代記大全』(2) »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ

ウェブページ