« 浜木綿が咲いていた | トップページ | シンポジウム「文学全集の世界」にちょっとだけ »

2019年7月25日 (木)

ツバメの子

 大井町線の緑が丘駅の近くに行きつけの医院があります。
 昨日、そこに行ったら、軒先にツバメの巣がありました。
Tsubame_r010724a
 去年も見ましたので、毎年架けているようです。

 キョロキョロして歩いているわけではありません。
 玄関先にツバメが巣を架けているおうちでは、巣の真下にフン対策の新聞紙や箱を置いているので、そういうのがあれば、上の方にツバメの巣があります。(^_^)

 その医院では、先生の奥様が受付をしています。伺ったら、昨日か一昨日、雛が孵化したばかりだそうです。

 雛は全部で3羽。
 左端の子が口を開けていたり、
Tsubame_r010724b
 真ん中の子が口を開けていたりします。
Tsubame_r010724c
 親がエサを持ってきたら、3羽揃って、もっと大きな口を開けることでしょう。
 親の飛来を待とうかと思いましたが、巣の下に陣取っていたら親が来にくかろうと思い、諦めました。
 ツバメファーストです。(^_^)

 エサは虫でしょう。十分にありましょうかね。
 すぐ近くに東工大がありますので、そこに木があります。
 また、洗足池まで行けば、虫は大量にいそうです。洗足池までは直線距離で1km程です。
 ツバメがどのくらいの距離までエサを獲りに行けるのか分かりませんが。

« 浜木綿が咲いていた | トップページ | シンポジウム「文学全集の世界」にちょっとだけ »

動物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 浜木綿が咲いていた | トップページ | シンポジウム「文学全集の世界」にちょっとだけ »

2020年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

ウェブページ