« 上代文学会九州女子大大会懇親会 | トップページ | 群馬県立女子大学で特別公開講座 »

2019年5月27日 (月)

森鴎外旧居をゆく

 学会出張の折は、近隣の史跡巡りを楽しみにしています。
 今回は、大宰府に行くかなぁ、巌流島かなぁ、などと考えていました。
 でも、実際に行ったのは、宿を取った小倉駅近くのみでした。昔よりも動くのが億劫になりました。(^_^;

 駅の南に森鴎外の旧居があるというので行ってきました。鴎外の旧居の存在は小倉に着いてから知りました。

 門の所から。
Ougaikyukyo01
 ぴったりの場所にバイクが止まっていたので、バイク越しの撮影になりました。帰るときにはもうバイクはありませんでしたので、帰りにもう1度撮せばよかったです。そういう知恵はあとから湧いてきます。(^_^;

 解説板。
Ougaikyukyo02
 鴎外が住んだのは1年半ほどのようですね。

 全体像。
Ougaikyukyo03
 見取り図。
Ougaikyukyo04
 この図では上が北になります。玄関は北向きです。写真は北東から南西方向を撮しています。

 通り土間からの撮影。
Ougaikyukyo05
 手前が玄関奥の五畳間。その奥が六畳、その奥が八畳の部屋で、鴎外はこの八畳間とその南の部屋を主に使っていたそうです。

 鴎外が主に使っていたという八畳間。
Ougaikyukyo06
 1年半ほどしか住んでいなかったとはいえ、実際に鴎外がこの家で暮らし、作品も書いていたのだと思うと感慨深いものがあります。しばしこの部屋でくつろぎました。

 その八畳間を出たところから撮した廊下。いや、縁側か。
Ougaikyukyo07
 鴎外の遺書が展示してありました。
Ougaikyukyo09
 墓石には「森林太郎墓」以外に1字も彫ってはいけない、書は中村不折に依頼すること、宮内省や陸軍の栄典は一切固辞することなどが書かれています。こんな貴重なものを、と思いましたが、これは複製だそうです。

 鴎外の胸像。
Ougaikyukyo08

« 上代文学会九州女子大大会懇親会 | トップページ | 群馬県立女子大学で特別公開講座 »

史跡めぐり」カテゴリの記事

文学」カテゴリの記事

コメント

小倉といえば鴎外ですよね。
私も以前仕事で小倉に言ったことはあるのですが、スケジュールの関係でちょいと無念な思いをしました。

そうそう、鴎外といえば奈良にも関係がありますよね。
博物館の館長として奈良にも長くいましたからね。

といっても、この事実は5年ほど前知ったのですが

http://sybrma.sakura.ne.jp/352ougai.nara50syu.html

こんな歌を詠んでいるなんてそれまだは全く知らないでいました。
そんでもってこんな場所があること初めて知りました。

http://nara-park.com/%E6%A3%AE%E9%B4%8E%E5%A4%96%E3%81%AE%E9%96%80/

恥ずかしい限りです。

三友亭主人さん

 コメントをありがとうございます。

 恥ずかしながら、奈良の歌五十首も、奈良の家のことも知りませんでした。
 奈良の文学者の家といえば、志賀直哉しか思い浮かばず。(^_^;

 奈良の歌、興味深く読みました。万葉集から句を採ってきた歌もありますね。鹿の歌もあるのが嬉しいです。(^_^)

 奈良の家の方は、官舎なのでしょうね。ずいぶん大きな石碑のようですけど、全く気づきませんでした。今度奈良に行った時にキョロキョロしてみます。

 ご教示、ありがとうございました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 上代文学会九州女子大大会懇親会 | トップページ | 群馬県立女子大学で特別公開講座 »

2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

ウェブページ