« 朔太郎の家の屋根の上の猫(2) | トップページ | 明治10年の『萬国地誌略』 »

2019年4月15日 (月)

大きすぎる箱

 某アマゾンに注文していた金魚のゴハンが届きました。
Amazonhako
 某アマゾンには日頃大いにお世話になっています。箱、必要以上に大きいですよね。上の写真、開封したままの姿です。
 段ボール箱は古紙回収に出してリサイクルされますが、それにもエネルギーが必要なわけで、大きすぎる箱は資源のムダと思います。

 配送業者を何度も煩わせるのは申し訳ないし、受け取る回数が増えるのも面倒なので、注文はなるべくまとめるようにしていますが、今回は、うっかりしていて金魚のゴハンがなくなってしまい、また一緒に注文する品が特になく、1品のみの注文になってしまいました。

 今回の反省を生かして、計画的な注文を心掛けるようにします。

 ま、まとめて注文しても、それらの品物全体の体積に比して、やはり大きすぎる箱で届く傾向は変わらないのですけど。

« 朔太郎の家の屋根の上の猫(2) | トップページ | 明治10年の『萬国地誌略』 »

日常」カテゴリの記事

コメント

本当に、このあたりの包装は大きすぎますよね。
だから、荷物が届いたときに一瞬自分が何を頼んだのかわからなくなることがあります。

三友亭主人さん

 >荷物が届いたときに一瞬自分が何を頼んだのかわからなくなることがあります。

 はい。今回まさにそうでした。到着を待っていた金魚のゴハンでしたが、届いた荷物があまりに大きかったので、「あれ? 金魚のゴハンじゃないのかな」「他に何か注文していたっけ?」などと考えてしまいました。(^_^;

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 朔太郎の家の屋根の上の猫(2) | トップページ | 明治10年の『萬国地誌略』 »

2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

ウェブページ