« 日本観光ポスターコンクールで六合ポスターが受賞 | トップページ | 大井町駅に群馬のポスターが »

2019年4月25日 (木)

岩波文庫万葉集の令和カバー

 岩波文庫本『万葉集』の第2冊には巻五が収録されています。その第2冊に新しいカバーが付きました。数量限定のようです。
Iwanamireiwa01
 西本願寺本の該当箇所です。

 このカバーと外すとまたカバー。これが本来のカバーです。
Iwanamireiwa02
 こちらは金沢本です。

 ということで、カバーが2枚掛かっていると言うべきか、あるいは外側のカバーはカバーではなくてフルサイズの帯ということになるのかもしれません。

 外側のカバー(または帯)の折り返しには次のような解説が付いています。
Iwanamireiwa03
 ふと、この刷は改元の令和元年5月1日の奥付ではないかと思い至り、早速見て見ました。
Iwanamireiwa04
 う~ん。確かに日付は改元日ですが、西暦ですね。(^_^;
 岩波は、本の奥付に西暦を使う方針ですから、普通はそうなるのでしょうけど、でも、せっかく発行日を改元日にし、こういう特別のカバーを掛けたのに……、という気がします。(^_^;

 昨日ネットで見た情報に依れば、角川ソフィア文庫本『万葉集』(伊藤博氏)の当該冊(こちらは第1冊になります)の増刷の奥付は令和元年5月1日だそうです。大井町の書店に立ち寄って見てみましたら、この本が2冊ありましたが、奥付はまだ平成のでした。

« 日本観光ポスターコンクールで六合ポスターが受賞 | トップページ | 大井町駅に群馬のポスターが »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

万葉集」カテゴリの記事

コメント

なるほどね、その手がありましたね。
本屋さんもいろいろ考えますね。このブーム(?)に乗っからない手はありませんものね。

三友亭主人さん

 突如万葉集に光が当たるとは誰も考えていなかったでしょうね。(^_^)

 長期に亙る出版不況の中、出版者や書店には、この千載一遇のチャンスを大いに利用して貰いたいです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 日本観光ポスターコンクールで六合ポスターが受賞 | トップページ | 大井町駅に群馬のポスターが »

2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

ウェブページ