« 石川美耶子さんお別れの会 | トップページ | 国保に加入&目黒馬頭観音碑 »

2019年3月25日 (月)

ひとつぶの乙女の涙

 このようなお菓子を頂きました。
Otomenonamida
 名前は「ひとつぶの乙女の涙」。広島県三原市のお菓子です。

 乙女の涙という名前は、形から来ているのかと思いました。しずくのような形をしています。

 食べてみたら、甘酸っぱい味でした。あ、それで、乙女の涙なのか、と思いました。

 ところが、伺ってみると、このお菓子の解説には次のようにあるとのことです。

 >青臭さと酸味が少なく、フルーツに近い甘さを持つトマト『乙女の涙』を、ひとつぶずつ丁寧に手包みしています。

 ということで、「乙女の涙」はトマトの品種名で、それを使って作ったお菓子が「ひとつぶの乙女の涙」なのでした。

 真相は聞いてみないと分かりません。(^_^)

 しかし、ずいぶん細長い、珍しい形のトマトです。周りのコーティングは求肥のようでした。

 おいしゅうございました。皮が付いたままの甲州ぶどうを1粒丸ごと砂糖の衣で包んだ「月の雫」という山梨のお菓子を食べたことがありましたが、それを除くとこういうお菓子は初めていただきました。ぶどうは果物ですけど、ひとつぶの乙女の涙は、野菜を使っている点で、さらにユニークと思いました。

« 石川美耶子さんお別れの会 | トップページ | 国保に加入&目黒馬頭観音碑 »

菓子」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 石川美耶子さんお別れの会 | トップページ | 国保に加入&目黒馬頭観音碑 »

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

ウェブページ