« 明治12年の「新撰早繰年代表」 | トップページ | 栃木の立場が…… »

2019年3月 5日 (火)

谷中の全生庵

 3日前に千駄木の団子坂下に行ったことを書きました。団子坂下の交差点から谷中に向かって歩いて行くと、左側に全生庵という臨済宗のお寺があります。
Zenshoan01
 ここには、山岡鉄舟、三遊亭円朝、弘田龍太郎の墓があるというので、境内に入ってみました。

 山岡鉄舟の墓。
Zenshoan02
 賛碑。
Zenshoan05
 解説板。
Zenshoan06
 三遊亭円朝の墓。
Zenshoan03
 追悼碑。
Zenshoan07
 解説板。
Zenshoan08
 弘田龍太郎の墓。逆光になってしまうので斜めからの撮影になりました。
Zenshoan04
 曲碑。「叱られて」の楽譜が刻まれています。
Zenshoan09
 解説板。
Zenshoan10

 境内に金の菩薩像がありました。
Zenshoan11

« 明治12年の「新撰早繰年代表」 | トップページ | 栃木の立場が…… »

歴史」カテゴリの記事

東京あれこれ」カテゴリの記事

コメント

 全生庵というと、幽霊画が有名ですよね。

 大昔、友達と二人で行ったことがありますが、ごく普通の資料館にずらりと絵が並べてかけられているだけで、奇をてらったり恐怖心をあおったりするような演出は皆無でした。
 にもかからず、しだいに二人とも口数が減っていき、最後には心底ぞっとしながら見る、ということになりました。

 今風のホラーものとはひと味違う、骨の髄まで怖さがしみわたっていく(ヘンな言い方ですが)思いをしました。

 突然、資料館のクーラーが大きな音を立てたときには、二人揃って悲鳴をあげました。笑

朝倉山のオニさん

 コメントをありがとうございます。

 なんと! オニさんもこのお寺に行かれたことがおありなのですね。

 幽霊画のことは全く知りませんでした。なんの予備知識もないままに、通りすがりにふらりと立ち寄っただけでしたので。先達はあらまほしきことです。

 幽霊画と円朝は繋がりますね。骨の髄まで怖さがしみわたってゆくというのは、すごい名品なのでしょうね。

 ググってみましたら、幽霊画の公開は8月のようですね。8月になったら行ってみたいです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 谷中の全生庵:

« 明治12年の「新撰早繰年代表」 | トップページ | 栃木の立場が…… »

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

ウェブページ