« 明治9年の『日本地誌略字引大全』 | トップページ | 第6回萩原文庫シンポジウム »

2019年1月 6日 (日)

(今さらながら)ブルーレイはいいかも

 昔は、TV番組の録画にはVHSを使っていました。それが、HDD&DVDが誕生したことで、録画は劇的に便利になりました。私も発売を待ちかねて、平成14年の暮に早速購入しました。以来16年。ありがたく使ってきました。その間、東京の家と群馬の家で何度か買い替えました。

 直近では、東京の家で3年ちょっと前に買い替えました。その時、これから買うなら、DVDじゃなくて、ブルーレイだな、と思い、そのようにしました。

 でも、HDDに録りためた番組をディスクに焼くときはいつもDVD。理由は、PCや群馬の家のデッキがまだDVDなので、それとの互換性を考えました。……ということもありますが、歳をとって保守的になっているのが大きいと思います。

 HDDへの録画は5倍速で行っています。この画質だとDVD1枚に120分入ります。

 ただ、これには問題があって、DVDに焼くときに同じ時間だけ掛かるのです。120分の番組なら120分。ちょっと掛かりすぎ。理由はよく分かりませんが、ブルーレイ画質で録画しているのに、それをDVDに焼くせいかと思います。

 そんなことを3年間。HDDの空きがだいぶ少なくなってきました。時間が掛かるので、DVDに焼くのが億劫だったので。

 そこで考えたのが、ブルーレイに焼いたらどうだろうかということです。←遅い。
Bdr
 で、やってみました。去年放送された山本耕史主演の「鳴門秘帖」。1回43分で、全10回。これをブルーレイに焼いてみました。5倍速で録画していたので、1枚に全部収まり、焼くのに掛かった時間は30分以下でした。DVDならば4枚または5枚、所要時間は7時間を越えたはずです。

 う~む! 劇的です。今までは本当に宝の持ち腐れだったと思います。←遅い、遅い。

 歳をとっても知ることがたくさん。

« 明治9年の『日本地誌略字引大全』 | トップページ | 第6回萩原文庫シンポジウム »

日常」カテゴリの記事

テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: (今さらながら)ブルーレイはいいかも:

« 明治9年の『日本地誌略字引大全』 | トップページ | 第6回萩原文庫シンポジウム »

2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

ウェブページ