« 調べ物に群馬往復 | トップページ | 『ならら』最新号は鹿特集 »

2018年12月25日 (火)

コンせんとくん&若鶏

 このようなものを買いました。USB充電器です。
Consent01
 商品名は「コンせんとくん」。ネーミングに惹かれました。(^_^)
Consent02
 裏側はこのようになっています。
Consent03
 充電する機器とコンせんとくんとを繋ぐUSBケーブルは別売です。重さは45gです。旅先などに持って行くにも好都合です。
Consent06
 この充電器自体はコンセントではないのに「コンせんとくん」というネーミングはおかしいのではないかというツッコミはありそうです。(^_^;

 コンセントって、これですよね。
Consent04
 でもまぁ、コンセントに挿してスマホなどを充電する機器、ということで許容範囲ではないかと思います。(^_^)

 USBポートが2つ付いていますので、同時に2つの機器を充電できます。
Consent05
 昨日は鶏を買い損ねましたが、今日はスーパーに行った時間が早かったので、無事に買えました。(^_^)
Consent07
 帰宅してよく見たら、「若鶏」とありました。ありゃ、です。

 別にベジタリアンではなく、肉も魚も大好きですけど、若鶏とか子牛とかという文字を見ると、少し心が痛みます。「あたら若い命を」ということで。

 心して頂くことにします。

 「あたら若い命を」で、昔見た「鞍馬天狗」を思い出しました。竹脇無我のです。古谷一行が沖田総司ですので、かなりの年代物です。土方歳三は成田三樹夫でした。

 池田屋に新選組が斬り込んだとき、鞍馬天狗も池田屋にいたのです。最初に屋内に斬り込んだ新選組は近藤以下4人でしたか。鞍馬天狗は、土方隊が到着する前に明らかに10人くらい斬っていました。数が合わない。(^_^;

 沖田とも斬り合いになります。互角の戦いの途中で沖田が喀血して昏倒します。「斬れ!」という沖田の声に対して、天狗は「消えかけようとしている若い命の火を無残に吹き消したくはない」(セリフの記憶やや曖昧)と言って、部屋から出て行きます。

 いろいろとツッコミどころ満載の池田屋でした。

 若鶏のもも肉からこのシーンを思い出すというのは、我ながら尋常ではありません。頭がおかしい。(^_^;

« 調べ物に群馬往復 | トップページ | 『ならら』最新号は鹿特集 »

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

テレビ」カテゴリの記事

飛鳥・奈良」カテゴリの記事

キャラクター」カテゴリの記事

コメント

> 若鶏のもも肉からこのシーンを・・・

確かに・・・(笑)
でもまあ、同じようなことは私にもしばしばあります。たがいに、想像力が豊かだってことにしておきましょう。
それにしても、こんなところでもせんとくんは活躍していましたか。

三友亭主人さん

 あ、三友亭主人さんにも同様なことがありましたか。(^_^)
 お仲間、お仲間。♪

 想像力豊かなのは良いことですよね。型破りな発想から新発見が生まれるかもしれません。

 せんとくん、活躍していますね。使用料が無料になったんでしたっけ。それも大きそうですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: コンせんとくん&若鶏:

« 調べ物に群馬往復 | トップページ | 『ならら』最新号は鹿特集 »

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

ウェブページ