« 夜中の薔薇 | トップページ | 群馬産黒みつわらび餅 »

2018年11月 7日 (水)

高崎市のえびす講市

 高崎駅の東西を繋ぐ通路の真ん中に、このような巨大な像が出現しました。
Ebisuko2018a
 11月17日(土)・18日(日)の両日開催されるえびす講市の広告です。

 趣旨等は以下の通りです。
Ebisuko2018b
 毎年この時期になると、この巨大な恵比寿様が出現していたのですが、当ブログで取り上げたのは今回が初めてだったと思います。

 この場所は、高崎祭の時にはだるまが置かれます。
Takasakieki201706a
 何もイベントがないときだけ上野三碑のレプリカ。(^_^)
3pireplica07
 邪魔といえば邪魔なのですが、人通りが多いので、宣伝効果は大きいと思います。

 さて、恵比寿様。ヒルコと同一とする信仰があるようですね。それで、まんが家のえびすさんの表記は「蛭子」なのでしょう。両者がどうして結びついたのやらよく分かりませんが、中世のようですね。

« 夜中の薔薇 | トップページ | 群馬産黒みつわらび餅 »

群馬あれこれ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/595051/67357157

この記事へのトラックバック一覧です: 高崎市のえびす講市:

« 夜中の薔薇 | トップページ | 群馬産黒みつわらび餅 »

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

ウェブページ