« 発掘された八ッ場の軌跡 | トップページ | 有田焼カレー(2) »

2018年11月21日 (水)

昭和36年「赤穂浪士」の台本

 このようなものを入手しました。
S36akodaihon01
 昭和36年東映のものです。この頃の映画はもうあらかたカラーになっていたと思いますが、表紙には「総天然色」とうたっています。持ち主は堺駿二。堺正章のお父さんですね。

 ぶ厚いです。
S36akodaihon02
 配役表の冒頭。
S36akodaihon03
 千恵蔵、右太衛門の両御大を筆頭に、東映オールスターです。次のページの筆頭には「大石主税 松方弘樹」とあります。まだずいぶん若かったのですね。

 本文から1ヶ所だけ。内蔵助が九条家用人立花左近と名乗って、江戸に向かいます。ところが、東海道三島宿で本物の立花左近と遭遇してしまいます。左近は証拠の書き付けを見せろと迫ります。
S36akodaihon04
 立花左近はちょっとだけしか登場しないのに、なかなかおいしい役です。この作品では大河内伝次郎が演じています。

 この作品のDVDは持っていますけど、それはそれとして台本も楽しいです。

« 発掘された八ッ場の軌跡 | トップページ | 有田焼カレー(2) »

忠臣蔵」カテゴリの記事

台本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 昭和36年「赤穂浪士」の台本:

« 発掘された八ッ場の軌跡 | トップページ | 有田焼カレー(2) »

2020年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

ウェブページ