« 谷中霊園をゆく | トップページ | 大伴家持文学賞 »

2018年10月 5日 (金)

「『南総里見八犬伝』と群馬」展

 群馬県立土屋文明記念文学館で明日からこのような企画展が開催されます。
Hakkenden01
 八犬伝と群馬との関係については、チラシの裏に次のようにあります。
Hakkenden02
 2ヶ月間の会期中に、次のような講演、口演、対談などがあります。
Hakkenden03
 NHKの子ども向け番組「新八犬伝」に登場したジュサブロー人形も展示されるようですね。

 あの番組、楽しみに見ていました。坂本九の名調子のナレーションも楽しかったです。ただ、当時は学部の2年生・3年生の時で、放送時に帰宅していない日もあり、見られない日もあったのが残念でした。

 この企画展、群馬県立女子大の安保先生の監修です。
Hakkenden04
 他に、群馬県立女子大学が企画協力していますね。具体的な内容は分かりませんが、学生さん達が協力したのかもしれません。

 大学や博物館同士が連携するのは良いことと思います。

« 谷中霊園をゆく | トップページ | 大伴家持文学賞 »

テレビ」カテゴリの記事

文学」カテゴリの記事

展覧会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「『南総里見八犬伝』と群馬」展:

« 谷中霊園をゆく | トップページ | 大伴家持文学賞 »

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

ウェブページ