« 「お伽カルタ」 | トップページ | 小川町の万葉パネルと『万葉うためぐり』 »

2018年10月10日 (水)

小川町の仙覚顕彰碑

 埼玉県比企郡小川町に僧仙覚の顕彰碑があります。……ということを知って、行ってみたいとは思いつつも、ちょっと遠いので、先送りしていました。昨日、玉村で非常勤のあと、群馬に泊まったのを好機として、今日、行ってきました。小川町駅にはJR八高線と東武東上線とが通っています。高崎からだと八高線で1時間ほどで行けます。

 八高線に乗るのは初めてでした。2両編成のワンマンカーです。
Ogawamachi01
 小川町駅で列車を降りて、跨線橋から撮りました。
Ogawamachi02
 上の2枚の写真でお気づきでしょうか。車両にはパンタグラフがありません。そして、線路上には架線がありません。八高線は高麗川以北は電化されていないのでした。空中に架線がないと、ずいぶんすっきりした印象になります。

 仙覚顕彰碑は高台の古城跡にあります。下の画像の中央部にある道を入って行きます。案内板がないので迷うところです。
Ogawamachi03
 道を入るとすぐに行き止まりになり、突き当たりを左折します。
Ogawamachi04
 この先は道なりに上って行けば目的地に着けます。

 入口に標柱が立っていました。
Ogawamachi05
 途中には道しるべもありました。
Ogawamachi06
 道しるべの右側にあるのは万葉歌の解説板です。町中に時々あるのを見かけては撮影していましたが、全部で68あるということがあとで分かりました。それはまた別稿で。

 顕彰碑と解説板。顕彰碑はかなり大きなものです。
Ogawamachi07
 顕彰碑。
Ogawamachi08
 解説板。
Ogawamachi09
 解説板には触れられていませんが、顕彰碑の碑文は佐佐木信綱が執筆したものだそうです。

 碑の近くには露草が咲いていました。露草、憶えました。(^_^)
Ogawamachi10
 付近の地形は確かに古城跡を思わせます。
Ogawamachi11
 帰りは違う道を通って駅に戻りました。その途中に案内所がありました。
Ogawamachi12
 この案内所ではレンタサイクルも扱っていました。前籠がおしゃれです。(^_^)
Ogawamachi13
 私、今回大誤算がありました。いつものリュックにはノートパソコンなども入っていて結構重かったので、荷物は駅のコインロッカーに預けて、身軽に動くつもりでした。ところが、小川町の駅にはコインロッカーがなかったのです。←見つけられなかっただけという可能性もありますが。

 それで、重いリュックを背負った状態での移動になり、疲れました。体力ないです。(^_^;

 それが、この案内所にはレンタサイクルはあるし、荷物も預かってくれるのでした。行きにこの道を通れば良かったです。

 ともあれ、無事に見学できました。帰りは、小川町駅から東武線に乗り、和光市駅で地下鉄線に乗り換え、そのまま自由が丘駅に着きました。相互乗り入れでずいぶん便利になりました。それでも、小川町を出てから帰宅するまで2時間近く掛かりました。東京の家からの往復でなく、高崎から小川町経由で東京の家に帰宅というのは正解だったと思います。

« 「お伽カルタ」 | トップページ | 小川町の万葉パネルと『万葉うためぐり』 »

鉄道」カテゴリの記事

史跡めぐり」カテゴリの記事

万葉集」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 小川町の仙覚顕彰碑:

« 「お伽カルタ」 | トップページ | 小川町の万葉パネルと『万葉うためぐり』 »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

ウェブページ