« 「『南総里見八犬伝』と群馬」展 | トップページ | 群馬古墳フェスタ2018 »

2018年10月 6日 (土)

大伴家持文学賞

 今日は早稲田大学で開催された某学会の委員会に出席しました。

 冒頭の会長挨拶で、今日は旧暦の8月27日。明日28日は大伴家持の命日である旨のお話しがありました。

 富山県では、家持生誕1300年を記念して、「大伴家持文学賞」と「高志の国詩歌賞」という賞を新しく制定したそうです。「大伴家持文学賞」の趣旨は、世界の優れた詩人を顕彰することで、実際に第1回の受賞者には北アイルランドのマイケル・ロングリー氏(78)が選ばれたそうです。国際的な賞ですね。

 会長挨拶がこういう話から始まるというのは、なんとも国語国文学系らしい学会であるなぁと感じました。すてきです。
Yakamochizo01

« 「『南総里見八犬伝』と群馬」展 | トップページ | 群馬古墳フェスタ2018 »

万葉集」カテゴリの記事

文学」カテゴリの記事

コメント

そうでした、そうでした。今日は家持の命日でしたね。

あくまで印象に過ぎないんですが、任地であった多賀城で亡くなったと考えているんですが・・・どうなんでしょうね。
政治的にはあんまり上手じゃあなかったような印象が強く、自分は都にいて・・・なんてことはしなかったと思うんですよね。お父さんもちゃんと大宰府に行っていましたしね。

三友亭主人さん

 そうですね。
 今、続日本紀で晩年の官歴を見てみましたら、
  延暦元年(782)六月戊辰。春宮大夫従三位大伴宿祢家持為兼陸奥按察使鎮守将軍。
  延暦三年(784)二月己丑。従三位大伴宿祢家持為持節征東将軍。
  延暦四年(785)四月辛未。中納言従三位兼春宮大夫陸奥按察使鎮守将軍大伴宿祢家持等言。
  延暦四年(785)八月庚寅。中納言従三位大伴宿祢家持死。

 春宮大夫が都にいなくてもいいのかという気はしますが、それは次官が代行できましょうね。それよりも節刀を賜わった持節征東将軍(延暦3年条)が都にいるわけにはゆかないと思います。同じく節刀を賜わる遣唐大使もそうですよね。ただ、延暦4年には持節征東将軍ではなく鎮守将軍とありますね。どうなんでしょうね。

 陸奥按察使としては、やはり任地にいないとまずいように思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大伴家持文学賞:

« 「『南総里見八犬伝』と群馬」展 | トップページ | 群馬古墳フェスタ2018 »

2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

ウェブページ