« 興福寺中金堂、来月完成 | トップページ | 新町で公開講座&『トランヴェール』が古代群馬特集 »

2018年9月 2日 (日)

コケ対策奏功

 金魚の水槽にすぐにコケが付いてしまって難儀していました。

 水替えの後、2週間でこのようになります。
Kingyo_h300806a
 そこで、前回の水替えの際にp・cutという濾材を使いました。
Pcut01
 それから2週間後、水槽はこの様です。
Kingyo_h300831a
 水替え直後とほとんど変わりません。卓効と言えましょう。

 仕組みは以下の通りだそうです。
Pcut02
 コケの発生を抑えるのは亜鉛と銀の働きのようですね。

 金魚に影響がないのかどうか気になります。この濾材を使うのは今回初めてではなく、渋川ではよく使っていました。金魚に悪影響が出たようには思えませんでしたが、今飼っている金魚はまだ小さいので、ちょっと不安がありました。

 金魚の様子に異常はなく(というか、極めて元気です)、今のところ大丈夫そうです。

 コケが発生した原因は、照明を点灯している時間の長さとか、今夏の高温なども影響しているかもしれません。点灯時間は徐々に減らしています。水温も段々下がって行くでしょうから、今後は様子を見つつ、使い方を考えて行こうと思います。

 コケはほとんど発生していませんが、水替えをしました。
Kingyo_h300831b
 エアストーン(ぶくぶく)を変えました。今度の方がオサレになったと思います。(^_^)

 左上に金魚が密集しています。給餌はあの部分のガラス蓋の隙間から行っています。ゴハンがどこから降ってくるのかを学習して、あそこで待ち構えているのです。(^_^)

 じゃぁ、下の方にいる金魚は学習の度合いが低いのかというと、そうとも限りません。下にいる連中は、「ゴハンをくれるのは、写真撮り終わってからだよ」などと思っているのかもしれませんから。(^_^)

« 興福寺中金堂、来月完成 | トップページ | 新町で公開講座&『トランヴェール』が古代群馬特集 »

金魚」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: コケ対策奏功:

« 興福寺中金堂、来月完成 | トップページ | 新町で公開講座&『トランヴェール』が古代群馬特集 »

2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

ウェブページ