« 金魚のゴハン | トップページ | シンポジウム「ことばとの出会い」2 »

2018年9月 6日 (木)

ナゾの白い花

 アマリリスの鉢から生えてきた草に花が咲きました。
Shirobana01
 1本の真っ直ぐな茎の先端に白い花が付いています。

 花のアップです。
Shirobana02
 茎の根元は次のようになっています。
Shirobana03
 このように根元からだけ細くて長い葉が出ています。向かって右側のは別の草の葉です。

 この鉢からは、ヌシのアマリリスの他に、3~4種類の草が生えています。アマリリスのためには、他の草は全部抜いてしまうべきなのでしょうが、先日の露草の例がありますので、何の草なのか確認してみたい気がします。(^_^)

 さてこの草、なんでしょね?

 わが家には植物図鑑はこれしかありません。
Shirobana04
 奥付は以下の通りです。
Shirobana05

 昭和28年の初版、うちのは昭和36年の25版です。順調に版を重ねているようですね。昭和36年、私は小学4年生でした。この頃買って貰ったのでしょう。普段見かける植物320種を収録してあるとのことですが、この中には見つかりませんでした。

« 金魚のゴハン | トップページ | シンポジウム「ことばとの出会い」2 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

植物」カテゴリの記事

コメント

韮です。萬葉集には久々美良とあるさうな。
どこかから種が飛んできたのでせう。

筒井先生

 ご教示ありがとうございます。
 韮でしたか。私はほんと植物に疎くて、お恥ずかしいです。

 「くくみら」とあるとおり、ほんと、韮は茎が真っ直ぐに伸びているのですね。写真は教材に使えます。(^_^)

 どこからともなく露草の種が飛んできたり、韮の種が飛んできたりと、わが家はなかなか自然豊かです。いや、ひょっとしたら渋川由来かもしれません。

わが家の裏庭にも「久々美良」が自生しだしまして・・・もう、20年になるでしょうか・・・
丁度その頃から、山との道ばたのあちらこちらにこの花が目立ちだしました。自分の家に咲きだしたので、あちらこちらに咲いているこの花に気が付きだしたのかもしれませんが・・・

どんな理由かはわかりませんが、「久々美良」の華は可憐で好感が持てます。

三友亭主人さん

 ご自宅の裏庭にも自生しているのでしたか。
 本当に、純白で可憐な花ですね。

 料理にもお使いになっていらっしゃいますか? (^_^)

 この韮、せっかく生えてきたのですから、別の鉢に移すか、地植えにするかして、育ててみようと思います。

 同じアマリリスの鉢に、あと2種類くらい生長中の植物があります。果してなんでしょか? (^_^)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ナゾの白い花:

« 金魚のゴハン | トップページ | シンポジウム「ことばとの出会い」2 »

2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

ウェブページ