« シンポジウム「ことばとの出会い」2 | トップページ | お食事会&変わりゆく渋谷 »

2018年9月 8日 (土)

鹿瓦ばん2018秋冬

 奈良の鹿愛護会から、年2回発行されている「鹿瓦ばん」の最新号が届きました。全4ページです。
Shika2018a
 上のページの左下の拡大です。
Shika2018b
 子鹿、元気になったようで何よりです。子鹿がかわいいのは耳が大きいせいもありましょうかね。

 鹿のフンから作った堆肥。
Shika2018c
 5kg100円というのは安いですね。買って帰りたいですけど、5kgの荷物はしんどそう。お土産と一緒に宅配便を使えば良いのか。

 どんぐり募集中です。
Shika2018d
 鹿の好物とのことですが、去年の奈良女での学会の折、鹿の歓心を買おうと、遥々群馬からどんぐりを持っていったのに、食べてくれた鹿と、見向きもしなかった鹿とがいました。鹿せんべいばかり食べ慣れて、「どんぐりは固くていけねえや」とでも思っているのでしょうかね。
Shika201705d
 首に矢が刺さった鹿のことは新聞でも読みましたが、詳しいことは分かりませんでした。
Shika2018e
 これによれば、母鹿だったのですね。近くに寄り添う子鹿の姿もあったとのことで、痛ましいことですが、幸い傷が浅く、翌日には子鹿と再会できたとのことで何よりでした。
Shika2018f

« シンポジウム「ことばとの出会い」2 | トップページ | お食事会&変わりゆく渋谷 »

飛鳥・奈良」カテゴリの記事

鹿」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 鹿瓦ばん2018秋冬:

« シンポジウム「ことばとの出会い」2 | トップページ | お食事会&変わりゆく渋谷 »

2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

ウェブページ