« ゆききの岡 | トップページ | 菊水楼今昔 »

2018年8月29日 (水)

ゆききの岡(2)

 昨日、「ゆききの岡」という記事をアップしました。

 以前購入した古い絵はがきに「ゆきゝの岡」から撮した旨の記述がありましたので、その撮影場所を特定しようと、実地踏査をした結果をご披露したものです。
Asukameisho08
 その記事に対して、源さんの後輩さんとKさんとから貴重なコメントを頂きました。源さんの後輩さんは岡寺方面ではないかとのご指摘で、Kさんは画面左側のお寺は飛鳥寺ではないかとのご指摘でした。

 言われてみれば、どちらもごもっともと思われます。

 ゆききの岡は、当初は雷丘か甘樫丘あたりと思っていましたが、それよりもかなり南になりそうです。

 そこで、ふと思い立って私のHDDを探してみましたら、祝戸から撮した写真が見つかりました。
Yukiki06
 絵はがきと雰囲気がよく似ていると思います。上から見下ろす感じが通じます。ただ、この写真では、耳成山と香具山との位置関係が絵はがきとは異なります。甘樫丘からの撮影よりは接近していますけれども、絵はがきよりも離れていますね。絵はがきの写真はもう少し東からの撮影となりましょう。

 絵はがきは橘寺からの撮影の可能性もあるかと思いましたが、橘寺は祝戸よりも西なので、この可能性は消えました。

 絵はがきは岡寺からの撮影の可能性が高くなりました。そうならば絵はがきの左側のお寺も飛鳥寺で良さそうです。

 やはり今度岡寺に行きます。

【写真追加】
 ご参考までに、絵はがきの左端の部分の拡大画像を追加します。
Yukiki07

« ゆききの岡 | トップページ | 菊水楼今昔 »

飛鳥・奈良」カテゴリの記事

万葉集」カテゴリの記事

コメント

一番最初にここについてのご照会があったときに、私もどこかなあと思ってあれこれ地図を見ました。
源さんの推定と同じように岡寺のあたりかなとも思い、あのあたりの道を行ったり来たり。
多分このあたりなんだろとは思いましたが、一番よさそうなところは木々が茂って写せなかったり、入っていけなかったり・・・確定できずにいました。

今度一緒に探しましょうか・・・

三友亭主人さん

 最初にアップしたときに頂いたコメントに、実地踏査をなさった旨、お書きになっていらっしゃいましたが、目星を付けたのは岡寺のあたりだったのですね。慧眼と存じます。

 地形は当時とあまり変わっていないとしても、木が生い茂ったりしていると、あの絵はがきの撮影地に行っても、同じようには撮せないかもしれませんね。そうなると残念です。

 ご一緒に探索できたら良いですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ゆききの岡(2):

« ゆききの岡 | トップページ | 菊水楼今昔 »

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

ウェブページ