« 浜木綿の根 | トップページ | 「はるな」殉職者の献花台 »

2018年8月23日 (木)

「金子みすゞの世界」

 群馬県立土屋文明記念文学館で、金子みすゞの企画展が開催中です。
Misuzu01
 気づくのが遅れて、開始からもう1ヶ月以上経ってしまいました。でもまだ1ヶ月ほどあります。
Misuzu02
 このチラシのオモテには、自筆の「私と小鳥と鈴と」が印刷されています。

 拡大です。
Misuzu03
 末尾が著名ですね。良いことばと思います。

 チラシの裏には「こだまでせうか」がやはり自筆で載っています。これも勝手に拡大してしまいます。
Misuzu04
 この詩、東日本大震災後にテレビで流れるまで知らなかったのですが、これも良い詩ですね。泣きそうになります。

 1行目に「遊(あす)ばう」という自筆のルビが付いているのは貴重ですね。方言でしょうかね。そう読んで貰いたくて、あえてルビを付けたのでしょう。テレビでは「あそぼう」と言っていたと思いますが。

« 浜木綿の根 | トップページ | 「はるな」殉職者の献花台 »

文学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「金子みすゞの世界」:

« 浜木綿の根 | トップページ | 「はるな」殉職者の献花台 »

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

ウェブページ