« 「はるな」殉職者の献花台 | トップページ | 奈良女子大学で「仮名文字」 »

2018年8月25日 (土)

特別企画展「徳冨蘆花」

 伊香保の徳冨蘆花記念文学館でこのような企画展が開催されます。
Rokaten01
 蘆花生誕150年、文学館開館30年記念とのことです。
Rokaten02
 蘆花は現在の東京都世田谷区に住み、そこは蘆花恒春苑として公開されていますが、亡くなったのは病気療養中の伊香保でした。そこで、伊香保にも記念館が建てられ、終焉の家も保存されています。

 蘆花記念文学館。ここには1年生の研修旅行で何回か行きました。
H21kenshu05

 旧居。
H21kenshu06
 終焉の部屋。
H21kenshu07
 「終焉の地」ならばともかく、「終焉の部屋」となると、なんとも生々しい思いがします。ベッドやガウンも展示されていますしね。

« 「はるな」殉職者の献花台 | トップページ | 奈良女子大学で「仮名文字」 »

群馬あれこれ」カテゴリの記事

文学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 特別企画展「徳冨蘆花」:

« 「はるな」殉職者の献花台 | トップページ | 奈良女子大学で「仮名文字」 »

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

ウェブページ