« 名古屋城本丸御殿弁当 | トップページ | あじさいを買いました »

2018年7月 5日 (木)

奈良菊水楼の古写真

 1ヶ月ほど前に「明治30年前後の奈良市鳥瞰図」という記事を載せました。この鳥瞰図に、春日大社の一の鳥居付近に菊水楼という旅館が載っていました。菊水楼は今も同じ場所にありますが、それまで全く関心を持ったことがありませんでした。それが、100年も前の鳥瞰図にすでに載っていることで、にわかに関心が湧いたのでした。

 不思議なもので、関心を抱いたら、ネットオークションに菊水楼の絵はがきが出品されました。(^_^) 早速買ってしまいました。
Kikusuiro01
 その中に、菊水楼の前の道が写っているものがありました。
Kikusuiro02
 左奥に鳥居が写っています。道には鹿がいっぱい。(^_^)

 この道は三条大路ですね。砂利道でしょうか。でもよく整備されているように見えます。うっすらとわだちの跡のようなものも見えます。

 鳥居のアップ。
Kikusuiro04
 鹿のアップ。
Kikusuiro05
 明治30年頃の鳥瞰図では、鳥居や菊水楼は次のように描かれています。
Kikusuiro07
 この絵にも鹿がいますね。

 この写真、いつ頃のものか知りたいところですが、年号は書いてありません。表紙に「電話長二五番」とあります。この「長」というのは何でしょうね。詳しい人ならば、これが手がかりになるかもしれません。

 客室の写真もありました。
Kikusuiro03
 画面の右側に扇風機が写っていますね。

 アップです。
Kikusuiro06

 扇風機の左側にあるのは電話機のようです。今と同様に、この電話でフロント(当時だと、帳場でしょうか)に電話を掛けられるのでしょうかね。脇息やたばこ盆もあります。

 扇風機と電話機の型式も年代推定の手がかりになりそうですが、これも私には何の知識もなく、使えません。残念です。

« 名古屋城本丸御殿弁当 | トップページ | あじさいを買いました »

飛鳥・奈良」カテゴリの記事

地図・航空写真」カテゴリの記事

コメント

電話長=電話帳じゃあないかと思いますが、かなり自信はありません。

菊水郎はあこがれのおみせですねえ 。私の丘陵ではとてもとてもって感じのお店です。

・・・が、数年前の職場の宴会の会場が、ここ「菊水楼」。おそらくは宴会パックでかなりの激安のコースを組んでいたのでしょうが(それでも私には十分に満足できるものでした)、それでもあの「菊水楼」だと大喜びでした。

三友亭主人さん

 コメントをありがとうございます。

 なるほど。「長」は「帳」の誤植説ですね。今なら「電話番号」と言うところを、当時は「電話帳番号」とも言っていた、などということがあれば、有力かもしれませんね。

 菊水楼はあこがれのお店なのですね。100年もの歴史を持つ老舗旅館ともなると、格式が高いのでしょうね。

 三条大路の古い写真が入手できて幸いでした。今度は登大路の古い写真を入手したいものと思いおります。(^_^)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 奈良菊水楼の古写真:

« 名古屋城本丸御殿弁当 | トップページ | あじさいを買いました »

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

ウェブページ