« 浜木綿植え付け&桑元気 | トップページ | 美夫君志会80周年記念大会(2) »

2018年6月30日 (土)

美夫君志会80周年記念大会(1)

 今日明日は名古屋市の中京大学で美夫君志会の大会があるため、名古屋に来ています。今回の大会は80周年記念大会です。80周年というと、この学会は昭和10年代に創設されたことになりますから、ずいぶん長い歴史がありますね。

 1日目の今日は特別講演会で、美夫君志会、萬葉学会、上代文学会の各代表者の講演会でした。

 開会の辞:美夫君志会会長の菊川恵三先生。
Mibukushi2018a
 挨拶:中京大学学長の安村仁志先生。
Mibukushi2018b
 特別講演
  「万葉の夢歌とその展開」:美夫君志会会長・和歌山大学教授の菊川恵三先生。
Mibukushi2018c
  「万葉集の「仮名」」:萬葉学会代表・関西大学教授の乾善彦先生。
Mibukushi2018d
  「「好去好来歌」の性格」:上代文学会代表理事・東洋大学教授の菊地義裕先生。
Mibukushi2018e

 それぞれに大変に興味深い内容でした。個人的な関心からはやはり乾先生の講演が一番興味深かったです。当然のことながら、聴講者それぞれ、自身の関心に応じて心惹かれた講演はさまざまだったと思います。

« 浜木綿植え付け&桑元気 | トップページ | 美夫君志会80周年記念大会(2) »

研究」カテゴリの記事

万葉集」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 美夫君志会80周年記念大会(1):

« 浜木綿植え付け&桑元気 | トップページ | 美夫君志会80周年記念大会(2) »

2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ

ウェブページ