« 久しぶりの深窓の令猫 | トップページ | 来週は前橋七夕まつり »

2018年6月27日 (水)

浜木綿発芽!

 去年の夏、うちの浜木綿が実を付けました。
Hamayu_h2908
 秋には茎から落ちてこのような姿になりました。
Hamayu_h2909
 これを植えて育てたいものと思いましたが、蒔き時が分かりません。ググってみると、部屋に置いておくだけで発芽することもあるとのことです。それを見て、とりあえずそのまま放置しておきました。

 しかし、一向に発芽する気配はありません。

 発芽にはやはり水分が必要ではないかと思い、使っていなかった鉢受け皿にティッシュペーパーを敷いて、浜木綿の実を載せ、さらにその上にまたティッシュペーパーをかぶせて霧を吹きました。実が乾かないように日々霧吹きを続けました。

 鉢に植えてしまえば良いようなものですけど、発芽するのを見たかったのと、どこを上にして植えたら良いのかが分からなかったので、こういうことになりました。

 これをいつ頃から始めたのか、はっきりしません。3月か4月頃ではなかったかと思います。この辺、ちゃんと記録していないのがツメの甘い所です。(^_^;

 マメに世話をしていましたが、やはり発芽しません。ダメかと思い始めたところ、やっと発芽しました。♪
Hamayu_h3006a
 しかしまぁ、何とも意表をつく場所から発芽したものです。

 別方向から。
Hamayu_h3006b
 発芽には水が必要ということしか念頭にありませんでしたが、もう1つ、温度も必要なのかもしれませんね。浜木綿は暖地の植物なので、ある程度の気温が必要なのでしょうね。ここのところ、気温の高い日が続いたので発芽に繋がったのかと思います。

 明日にでも鉢に植えます。

 今後、折々に成長の具合をアップしますね。花が咲くのは何年も先になることでしょう。

« 久しぶりの深窓の令猫 | トップページ | 来週は前橋七夕まつり »

植物」カテゴリの記事

コメント

ハマユウはわが母校のT大学の国文の研究室の前にも咲いていました。

H矢先生が・・・こともあろうに、熊野の浜辺から仕入れてきたものだとか・・・

定かな話ではありませんが、H矢先生ならと、妙に説得力のあるお話しでした。

三友亭主人さん

 み熊野の浜木綿ならば本場もの(?)ですね。(^_^)

 母校の浜木綿は鉢植えではなくて地植えでしょうか? 戸外で冬越しができるならば良いですね。
 渋川では無理かと思い、鉢に植えて、冬は屋内に取り込んでいました。

 戸外だと、自然に任せた繁殖も期待できそうですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 浜木綿発芽!:

« 久しぶりの深窓の令猫 | トップページ | 来週は前橋七夕まつり »

2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ

ウェブページ