« せんとくん&ぐんまちゃんのランキング | トップページ | 第35回群馬学連続シンポジウム »

2018年6月15日 (金)

庭木を伐採・剪定

 去る5月27日のことです。わが家の隣の駐車場の地主が来訪しました。用件はクレームでした。(^_^;

 駐車場との境界の塀際に植わっているうちの木が大幅に領空侵犯をしていること、うちの桑の木が塀を圧迫していて塀が倒れる怖れがあること、それについて善処して欲しいということでした。

 領空侵犯の状況は以下の通りです。
Bassai01
 確かにこれでは反論のしようもありません。全く手入れをしていなかったのでこういう状態になってしまいました。申し訳ないことです。

 また、桑に圧迫されて塀が傾いているというのも、言われてみればそういう気がします。

 これはもう私の手には負えませんので、伐採か剪定か、その判断も含めて植木屋さんにお願いすることにしました。

 翌日、電話して、6月4日に見積もりに来て貰いました。植木屋さんの考えを伺いつつ相談の結果、領空侵犯をしている塀際の木は全て伐採、桑の木は塀を圧迫している幹と、今後塀を圧迫しそうな幹とを伐採ということになりました。

 そして、今朝9時から作業をしてもらいました。クレームから3週間近く経ってしまいましたが、植木屋さんと私との都合をすり合わせた結果の日程ですので、仕方ありません。

 作業は片づけも含めて2時間半ほどで終わりました。その結果です。
Bassai02
 根本付近。見るとつらい気がします。
Bassai03
 道に近い所に植わっていたのは、萩さんに教えて頂いたとおり、カイヅカイブキでした。奥のはキンモクセイだったそうです。キンモクセイというと良い香りの花が咲く木ですよね。気づきませんでした。

 塀とは反対側にも木が植わっていて、それも伸び放題でしたので、こちらは剪定して貰いました。

 剪定前。
Bassai04
 道側のはツバキだと思っていたのですが、そうではなくてサザンカであることを筒井先生に教えて頂いたことがあります。奥のは分かりませんでしたが、ベニカナメモチだそうです。

 剪定後。
Bassai05
 大分すっきりしました。こちらは散髪のようなものなので、つらい気はしません。(^_^)

 桑の木はこうなりました。
Bassai06
 近日中に新しい枝葉が伸びてくることと思います。

 ツツジはそのままです。上に伸びるのを遮っていた桑とカイヅカイブキがなくなりましたので、徐々に上に伸びてゆくことでしょう。
Bassai07
 すでに芽生えがあります。
Bassai08

 この家は父が建て売りを買ったものです。木は全て最初から植わっていました。何も植わっていないよりも木があった方が見た目も良いし、好ましく思いますが、植わっている場所が何とも狭すぎました。塀際の木々はお隣との境界に近すぎ、枝葉の領空侵犯は避けられないところでした。伐採してしまった罪悪感はありますが、なんともなぁ、という気がします。

« せんとくん&ぐんまちゃんのランキング | トップページ | 第35回群馬学連続シンポジウム »

日常」カテゴリの記事

植物」カテゴリの記事

コメント

伸びている隣は,道路かなと思っていましたが
駐車場だったのですね。
それでは伐採も仕方がありません。
(桑の木については,
私は前から幹のところで切ったほうがよいと思っていました。)
あれぐらいなら,蚕のエサぐらいはとれるでしょう。
切ったところには塀があるので,なかなか難しいですが,
日陰に強い低木を植えてみてもよいかもしれません。
それこそ植木屋さんに相談してみたら・・・。

萩さん

 うちのような狭い所の、しかもお隣との境界付近に植えられたのが不幸でした。

 もっと広々とした所に植えられたら幸せだったでしょうに。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 庭木を伐採・剪定:

« せんとくん&ぐんまちゃんのランキング | トップページ | 第35回群馬学連続シンポジウム »

2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ

ウェブページ