« 『宝塚グラフ』忠臣蔵特輯 | トップページ | アマリリス開花直前 »

2018年5月 8日 (火)

新町駅壁画の精密さ

 先日、「新町駅の壁画2018初夏」と題した記事を載せました。いつものように、新町第二小学校の学童クラブ「藤」の皆さんの作品です。
Shinmachi201804a
 いつものような大作ではなく、小品3点ですが、その分、大変に細かい作業を経た作品でした。ところが、その細かさに気づいたのは家で写真を見ているときでした。写真では大きさが十分に伝わらないと考え、今日、撮り直してきました。

 まずは、ぐんまちゃんが手にしているこいのぼりです。
Shinmachi201805a
 比較のために私の親指を並べました。手の大きさには個人差があり、モミジのような手からグローブのような手まであります。私の手はまあ年相応の標準的な大きさではないかと思います。標準的よりは少しモミジ寄りかも。(^_^)

 ぐんまちゃんの兜も、黒と金の紙を組み合わせた凝ったものですね。

 アジサイの葉っぱにとまったカタツムリ。
Shinmachi201805b
 殻の大きさは親指の爪ほどの大きさです。角もよく作られています。

 そして極めつけは七夕飾り。
Shinmachi201805c
 四角い飾りや輪っかを組み合わせた飾りもかなり細かいですけど、何といっても折り鶴です。小学生は手が小さいとはいえ、よくこんなに小さな折り鶴が作れたものと思います。ピンセットなどを使わないと難しいのではないでしょうか。

 つくづく良い仕事をしているなぁと思いました。

« 『宝塚グラフ』忠臣蔵特輯 | トップページ | アマリリス開花直前 »

日常」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 新町駅壁画の精密さ:

« 『宝塚グラフ』忠臣蔵特輯 | トップページ | アマリリス開花直前 »

2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

ウェブページ