« 昭和38年の「東京文化地図」 | トップページ | 新町駅壁画の精密さ »

2018年5月 7日 (月)

『宝塚グラフ』忠臣蔵特輯

 『宝塚グラフ』の昭和13年1月号を入手しました。忠臣蔵特輯です。
S13takarazuka01
 これまで、忠臣蔵関係の台本、パンフレットなどは、主に映画やTVドラマのものを収集してきましたが、宝塚に手を出してしまいました。(^_^;

 松の廊下。
S13takarazuka02
 役名は、判官、師直、加古川本蔵です。

 萱野勘平。小夜福子。
S13takarazuka03
 こちらの役名は、萱野三平と早野勘平との折衷になっています。

 吉良邸隣家の土屋主税。
S13takarazuka04
 炭小屋前。
S13takarazuka05
 胸の文字は、「赤穂浪士」「吉田沢右衛門」「近松勘六」とあります。

 全体的に、仮名手本忠臣蔵と実録との折衷のようです。

 ここまでの写真に登場したタカラジェンヌのうち、小夜福子と葦原邦子は、私が子供の頃、TVドラマで活躍していましたので、見知っています。あ、葦原邦子という芸名、たぶん「葦原中国」からとったのでしょうね。今頃気づきました。

 このような広告ページがありました。
S13takarazuka06
 薄暗い劇場内でお化粧直しに使えるライトだそうです。こんなオサレな物が販売されていたのですね。文字は左横書きです。

 裏表紙はこうなっています。
S13takarazuka07
 原節子でしょうか。こちらは右横書きです。

« 昭和38年の「東京文化地図」 | トップページ | 新町駅壁画の精密さ »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

忠臣蔵」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『宝塚グラフ』忠臣蔵特輯:

« 昭和38年の「東京文化地図」 | トップページ | 新町駅壁画の精密さ »

2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

ウェブページ