« ツツジが満開 | トップページ | 出席カードの絵(落書き) »

2018年4月24日 (火)

新町駅の壁画2018初夏

 今日は元の勤務先で非常勤の日でしたので、1週間ぶりに新町駅を通りました。学童クラブの手になるおなじみの新町駅の壁画、新しくなっていました。
Shinmachi201804a
 今度のは今までと異なり、いつものボードに3つの作品が並んでいました。

 左上は端午の節句。ぐんまちゃんがいます。手にはこいのぼり。
Shinmachi201804b
 中央はアジサイ。枠の周囲にも小さいアジサイが貼ってあります。葉っぱの上にはカタツムリ。いつものように藝が細かいです。
Shinmachi201804c
 右下は七夕です。
Shinmachi201804d
 そしてまた、前回と同様、とっとこハム太郎(この正体については、前回、朝倉山のオニさんから御教示頂きました)がいくつもいます。

 群馬も新町も特にハム太郎と関係はないと思いますので、なぜハム太郎が毎回登場しているのかナゾです。この学童クラブのメンバーの中にハム太郎のファンが多いのかもしれません。

 今回の壁画には特に工夫はないのかなぁと思いましたが、写真を見ていて、はたと気づきました。

 ぐんまちゃんが手にしているこいのぼりも、
Shinmachi201804e
 アジサイの葉にとまっているカタツムリも、
Shinmachi201804f
かなり小さいのでした。実に細かい仕事をしています。

 そして、極めつけは七夕飾りです。
Shinmachi201804g
 その中でも特に、折り鶴。いったいどれだけ小さいのか!!

 気づくのに時間が掛かりましたけれども、いつもながら丁寧な良い仕事をしています。(^_^)

« ツツジが満開 | トップページ | 出席カードの絵(落書き) »

コメント

 いつも感心してみている学童クラブの作品ですが、今回も素敵ですね。


 源さんがご指摘の通り、カタツムリや七夕飾りなど、凝った作りですね。また、織女・牽牛の装いや、大きめの兜など、質感と言い色調と言い、和の雰囲気が出るようなものを選んでいますよね。
 あじさいの葉っぱの縁もちゃんとギザギザ。

 5月から7月までと長期間、この駅を利用される皆さんの目を楽しませることでしょう。
 こういう活動、素敵です。

朝倉山のオニさん

 新町駅の壁画には、オニさんはいつもコメントを下さってありがたく存じています。

 いつもの、ボードいっぱいの大作に対して、今回は小品3つという風に感じましたが、細部を見るとなかなかどうして、今回もよくできていますね。

 ご指摘の、質感、色合い、なるほど確かにその通りですね。アジサイの葉っぱのギザギザには気づきませんでした。よくできていますよね。

 そして、繰り返しになりますが、七夕飾りの折り鶴の小ささ。(^_^)

 私は写真を撮ることにばかり気を取られていて、肉眼で作品をじっくり見るという姿勢に欠けていました。折り鶴は写真を見ていて初めて気付きました。これは写真撮影の弊害ですね。写真を撮る前に、ものそのものをしっかりと見なくては、と反省しきりです。

 今度、じっくりと見てきます。

 駅を利用する多くの方々にもじっくりと見て貰えたらと思います。

 やっぱり、学童クラブにファンレターを出そうかなぁ。(^_^)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 新町駅の壁画2018初夏:

« ツツジが満開 | トップページ | 出席カードの絵(落書き) »

2024年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

ウェブページ