« あれから7年 | トップページ | 神奈川沖浪裏×ピーナッツ »

2018年3月12日 (月)

「大軌・参急・関急電鉄沿線図」

 どこかに行かないと、どうしても手持ちの資料の紹介などが主になります。(^_^;

 このような鉄道路線図を手に入れました。現在の近鉄の前身にあたる会社です。
Daikisankyu01
 いつのものか、年代が書かれていないので分かりませんが、昭和10年代の後半と思われます。細かく見て行けば、手がかりがかなりありそうなのですが、怠けました。(^_^;

 先日話題にした小房の路線も載っています。
Daikisankyu02
 これを見ると、橿原神宮前駅の他に、橿原神宮駅もありますね。

 前に書いたように思いますが、大軌は天理駅ですが、省線は丹波市駅です。そして、天理駅から平端駅までは今と同じですが、その先が法隆寺駅まで続いています。この路線が残っていたら便利だと思います。
Daikisankyu03
 伊勢方面。
Daikisankyu04
 宇治山田から松阪方面への路線が、現在の路線の他に、その西側にもう1本あります。これは今まで知りませんでした。この地図の時点では同じ会社になっていますが、合併前は別の会社の路線だったようです。それでは競合してしまいますね。

 裏面は「車窓から」というタイトルで、沿線の名所案内になっています。
Daikisankyu05
 タイトルの脇の写真。
Daikisankyu06
 この時代は、和服の女性がまだまだ多かったのでしょうかね。特に旅行の折などのおしゃれ着として。

【画像追加】
 3月13日に頂いた三友亭主人さんのコメントに関して画像を1枚追加します。
Daikisankyu07

« あれから7年 | トップページ | 神奈川沖浪裏×ピーナッツ »

地図・航空写真」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

飛鳥・奈良」カテゴリの記事

コメント

一番上の大きな写真ですが・・・
田原本から桜井の方に一本線路が伸びてますよね。

「やまでん」と地元では言われているやつで

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A7%E5%92%8C%E9%89%84%E9%81%93

に詳しいですよ。

奈良には今よりももっといろんな路線があったようですが、経営がうまくいかなかったのと、戦時中の鉄の供出に関わって、大幅に路線が縮小されたんだと年配の方からは聞いています。

三友亭主人さん

 コメントをありがとうございます。

 この路線はうっかり見落としました。

 1番上の画像はあまりにも小さいので、頂いたコメントに応ずる画像を追加しました。

 なるほど、確かにこの路線は今はもうありませんね。「新田原本」が「西田原本」と名を変えて、そこから北西方面だけは現存していますけれども。「大和鉄道」と書いてありますね。これが「やまでん」なのですね。

 戦時中の鉄の供出に関わって廃線になった路線については、蜂矢先生から伺ったことがありました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/595051/66490398

この記事へのトラックバック一覧です: 「大軌・参急・関急電鉄沿線図」:

« あれから7年 | トップページ | 神奈川沖浪裏×ピーナッツ »

2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

ウェブページ